スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトの新しいコンプレッサー

こんばんは。


ブログネタにならない模型弄りばかりしているこの頃。


主な要因はサークルでやっている1/80ペーパー自作に熱中しちゃっていることなんですが(笑)

1/150でキットの改造をしているだけでは得られない、ペーパー自作の“イチから作っている”感覚はいいですね。自らの手で徐々に車体を作っていくのは、手間はかかるもののそれ以上の満足感があります。……って語ってもブログネタにならなければ仕方ないんですけどねw


今作っているものは事情があってここには書けないのですが、次に作るときにはここで製作記を書くかもしれませんねぇ。






さて、今回は実車の話をひとつ。


先月、デトが2本まとめて新1000形に連結されて久里浜へ回送されたことで話題を呼びましたが、その際にデトのコンプレッサーが形式不明の新しい物に交換されたようです。


どんなものか気になったので、それを観察するために神奈川新町へ行ってまいりました。

IMG_5080.jpg

ゆっくりとデトが出てきました。


まずは引き気味に見てみましょう。過去に撮影した同車の写真と比較してみます。

IMG_5096.jpg

少し角度が違いますが、だいたい同じ範囲を切り出してあります。


交換前は1000形譲りのAR-2を装備していたものが、確かに初めて見る形のコンプレッサーに置き換わっています。


また、AR-2の右にある縦長で網目状の箱(CP関連の抵抗でしょうか?)も一回り大きい箱に変わっています。これは「CMC」と読めるのでCP接触器ですね。見た目からして800形あたりの廃車発生品でしょうか。




では次にCP本体をアップで見てみましょう。

IMG_5102.jpg

別角度から。
IMG_5100.jpg

さらに別角度から。
IMG_5103.jpg

(今回は大きな画像でアップしてありますので、クリックしていただけると鮮明にご覧いただけます。)



左側になにやら冷却器のようなものがついているのが大きな特徴ですね。また右半分が汚れていることから、新品ではなく今まで何かの車輌で実際に使われていたものと考えられます。



そのことを踏まえてもう一度よく観察してみます。

IMG_5103a.jpg

画像内の番号に対応しますが、

(1)アフタークーラへと繋がる管が短い円柱形の物体から出ていること

(2)底面にいくつかの窪みがついた箇所が見えること

(3)電動機部分の中央寄りにスリットが入っていること

などからして……


IMG_5346_20140305002553281.jpg

800形や2000形に搭載されているC-2000L形コンプレッサー(上写真)を、裏表反転させて取り付けたものではないか、と推測しました。


(なぜ反転させているのかは……アフタークーラへの配管が短くて済むからでしょうか? でも上写真の800形はアフタークーラとの位置関係が同じなのに表向きですよね。よくわかりません…)






また、有力な手がかりとなるのがその動作音なのですが……これがここではお伝えできないんですよね。

一応動作中の様子は途中から動画で撮ったのですが、アップロード方法がわからないもので(汗)


でも確かに、C-2000Mのようにやかましくもなく、C-1500Lよりもテンポの速い、C-2000Lのような動作音でした。







というわけで以上のことから、他の可能性もわずかに残ってはいるものの、ほぼC-2000Lだとみてよいのではないかと考えられます。


何かの機会にC-2000Lの裏側を見ることができればいいのですが…ファインテックの公開で見られないかしら。


ま、断定はそれまでの間しばらくお預けですね。





ちょっと歯切れが悪いですが、今回はこの辺で。


また明日も1/80ペーパー自作に励むとしますかな(爆)


いやいや、1/150も適度にやりたいとは考えているんですけれども。どうなることやら。

大雪

こんばんは。また広告が出てしまいましたね…



前から言っていた試験が一通り終わりまして、いくつかレポートを残すのみとなりました。


時間的にも精神的にも(?)少し余裕ができたので、カメラを持って雪の降る京急沿線に繰り出してきました。これを書いている時点でとても眠いので簡単に記しますw




特に狙いは決めていなかったのですが、たまにはということで地下鉄直通列車が多く走る蒲田以北へ。


IMG_4426.jpg

IMG_4427.jpg
@立会川

運よく807編成が来ました。



IMG_4442_201402090017228f3.jpg
@新馬場

ここでも運よく7268編成が来てくれました。



IMG_4484.jpg

IMG_4496_20140209001725776.jpg

IMG_4518_20140209001727641.jpg
@北品川

京成の写真、よく見ると印旛日本医大行きなんですよね。そういえばそんな運用あったな…と。完全に忘れていましたw




IMG_4529.jpg

IMG_4571.jpg
@平和島

このときが降雪のピークで、風も強く先が見通せない状態でした。吹雪の中を駆け抜けてくるのはかっこいいのですが、撮影している自分もその吹雪に晒されているわけで。この状況下での撮影はなかなか辛いものがありました……




IMG_4607.jpg

IMG_4609.jpg

IMG_4614.jpg
@京急川崎

私が京急川崎に着いた頃に発生した神奈川新町駅でのポイント故障(点検?)の影響か、南エア急を京急川崎で打ち切り、折り返し羽田空港行として運行していました。


それ以外にもたびたびポイント点検のアナウンスが流れていまして、雪の中での運行の大変さを改めて感じましたね。




余談。

IMG_4695.jpg

この屋根上への雪の積もり具合はヤバいですねww


空気抵抗は軽減されそうですが…w







さて。


試験が終わったとはいえまだレポートが残っていますし、その他にもやらなければいけないことがあるので、模型いじりができるようになるのは今月下旬からでしょうかね…


仕掛品は多いし、それでいて新しいことは始めるしでなかなかお見せできるものがないのですが、ゆっくりゆっくりとやっていくつもりです。お付き合いいただければ嬉しく思います。


それではまた。

マイクロ1000形→京急1000形【4】

あけましておめでとうございます。すっかり超まったり進行になってしまった当ブログですが、本年もどうぞお付き合いくださいm(__)m



と、いいつつ数日前に更新したばかりですが今日も更新するわけですがw


今日は久しぶりにちょっくらNゲージの加工をしたので、その結果をまとめておきます。


お題はマイクロ1000の床下機器で前回の続きです。
どうでもいいですが「まいくろ」を変換したら最初に「μ」が出てきてちょっと笑いました。レポートのせいだw



一つ目は主スイッチ。M1系山側品川寄りについています。

IMG_4729.jpg

ほぼ正方形に近い箱からケーブルが出ているのが特徴でしょうか。


これは名鉄1600用の4120Aの主スイッチがほぼドンピシャなのでそれを使用します。

IMG_4046_20140103232918bf6.jpg

切り出すときに左のケーブルを折ってしまいましたorz


接着するときにどうにか誤魔化しておきましょうか。




そして二つ目がこちら。


M1系山側浦賀寄りのこれ(写真右端)と、

IMG_4739.jpg


M2系海側浦賀寄りのこれ(写真右端)。

IMG_0681_20140103233009763.jpg

L C
FNC
SLR

と書かれているのがそうです。


『京急1000形半世紀の歩み』にはM1山側のものが電灯接触器(LC)、M2海側のものが継電器箱と書かれているのですが、どちらも同じもののようですので一括で扱います。(おそらく箱に書かれた略称の通り3つの役割をまとめて1つの箱に納めているのでしょうね)


模型では京急600用4189B-2の右端の箱の表面モールドを若干削り、箱の上辺をカットすることで再現してみました。

IMG_4043.jpg

右が加工前、左が加工後です。フィーリングで作業しましたが、割とそれらしくなったのではないでしょうか。




これら2つの機器を、今までに作った機器とあわせて仮に接着してみます。


これはM2系海側浦賀寄り。

IMG_4051.jpg

ブレーキ作用装置は形状が独特すぎて適当なパーツがなく結局自作になりそうなので、製品のままにしてあります。



そしてこれはM1系山側。

IMG_4049.jpg

まだ一部が歯抜け状態ですが、こちらはほぼ揃ってきました。


接地スイッチはブレーキ作用装置と同様の理由で製品のままです。



模型と下の実物写真を比べてみてください。

IMG_4745.jpg

カラーコーンが邪魔ですが、かなり実物の印象に近づいたのではないでしょうか。


(こうして見てみるとマイクロ1000の窓に違和感を覚えますが、やる気を削がれてはいけないので気にしないことにしますw)






それでは今日はこの辺で。


次の更新はいつになることやら…

1405のクーラーの件

こんばんは。大変ご無沙汰しております。




ついに、ついに再び広告が出てしまいました(汗


放置していたつもりではなかったのですが、どうやら1か月が経ってしまったようで。


中間試験やらレポートやらに追われていたせいもあって、仕方ないともいえるのですが。






で、広告を消すためには何か書かないといけないのですが、これがまた最近ブログネタになるようなことをしていなくて。


先輩の指導を受けながら16番で京急1500のペーパー自作を始めたのですが、それは諸事情によりここに書くことができず、かといって他にNゲージで作った車両もないのです…




というわけで、以前取材した1405編成のクーラーの画像とそれにまつわることを書こうかと思います。



昨年の8月にこんなことを書いていますが、当時より参考になる資料も増えましたので再度。



まずは画像をご覧いただきましょう。

IMG_4008.jpg

こちらが現在1405編成に搭載されているCU-71G形クーラー。蒲ローに入ったのを狙って京急蒲田5番線で撮影しました。



本来新1000形が搭載しているCU-71Hと見比べると、これとは似て非なるものであることがわかるはずです。

CU-71H




また、普通のCU-71Hを搭載した新1000形と、CU-71Gを搭載した1405編成では、その搭載位置も違うようです。

IMG_4013_201312242329246c7.jpg

IMG_4023_20131224232925d2c.jpg

上が1405編成、下が一般的な編成のクーラー周辺です。扉や方向幕との位置関係が異なるのがお分かりいただけるでしょうか。


はっきりとした理由は不明ですが、おそらく取り付け台座の位置に起因するものではないかと推測しています。





最後にこれがCU-71Gであることの決定的な証拠として、管理番号を挙げておきます。

IMG_3996.jpg

赤丸で囲ったものがクーラーの「管理番号」です。


「管理番号」というものの存在は私も今年知ったのですが、クーラーの載せ換えを追っかけるにはとても有用で、調べてみたい気はするのですがいかんせんそんな時間はなくて…


管理番号については鉄道ピクトリアルの1998年の京急特集増刊号、のいくつか後の号に載っていたのでそちらを参考にしていただくとして(笑)、1405編成の4両分の管理番号をご覧いただきましょう。
(→後日確認したところ1999年11月号(No.677)でした。「いくつか後の号」なんかではありませんでしたねw)

IMG_3994a.jpg

見やすいよう画像を加工してみましたが、1405編成に搭載されているクーラーには全て「G-」で始まる管理番号がつけられていて、CU-71Gであることを示しています。


73~76基目ということは、当初は2173編成の1~4号車に搭載されていたものなのでしょうが、あちこちで載せ換えが行われていますのでもはやバラバラなんでしょうね。




<おまけ>

車体更新を受けた際に2101編成に搭載されたCU-71H-G2形クーラーの管理番号も見てみました。

IMG_3783.jpg

「G-83」!?


2100形用のために記号をGとしたのは何となく理解できますが…


CU-71G形はすでに2100形10本と1405編成の分で少なくとも84基あるはずなのですが、どうしてG-83なんでしょうかね?


謎です…

心機一転

こんばんは。ご無沙汰しております。



前回冒頭で書いたPCのエラーですが、あの後windows updateをしたら(案の定)再発してどうにもならなくなったので、リカバリーすることになってしまいましたorz


リカバリーすると全てのソフトをもう一度インストールする必要があるわけで、それ相応の時間がないとできないのですが、ようやくこの土日で行うことができました。これで気兼ねなくPCを使えるようになる!





ところで、この作業は先週や先々週の休みに出来なかったのかというと、いろいろ出かけたりしていて時間がなかったんですね。


まず先々週の3日、4日は学祭シーズンということで色んな大学の鉄研を見て回りまして。


来週も見に行きたい大学があるので、詳しいことはそのとき一緒に書くつもりですが、実にさまざまな魅せ方があって刺激を受けました。いいところはパクr参考にさせていただこうっと。





そして先週は、修善寺にある「花月園」という旅館に泊まりまして。


ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、Nゲージ・16番ゲージのレイアウトが設置されていて泊まり込みで模型を運転できる宿です。


私は京急車(と譲渡車)を100両くらい持って行って、走らせて遊んでました。

IMG_3894.jpg

けっこう情景も作り込んでありました。ここまで来ると京急車には似つかわしくないですがw

IMG_3910.jpg

道床つきレールでは作れないこういう緩やかなカーブが好きです。

IMG_5671_20131117192454005.jpg

ヤードも何か所か設置されていて、並べる楽しみもあります。

IMG_8884.jpg

内輪でヤードをジャックするのが流行っているので、ありったけの京急車を並べてみましたw


奥のほうが埋められていないので、まだまだ先輩には及びませんね。




16番レイアウトのほうは自前の車両を持っていないのであまり写真を撮っていませんが、Nとは違う迫力があってこちらはこちらで魅力的でした。











こうして2週間でいろいろな形態のレイアウトやモジュールを見てきたわけですが、情景の中を走らせるならやっぱり作り込まないとダメですね。



ほかにも来年の学祭に向けていくつかヒントを得た気がするので、有益な2週間でした。



では今日はこれで。
プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。