スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロ1000形→京急1000形【5】

こんばんは。


月に2回目の更新をするのは半年ぶりみたいですね。近頃の怠けっぷりがよくわかります(



さてさて、最近は1/80がマイブームとなっている感があるわけですが、多少のNゲージ加工もやっておりまして。


1/80では既に手を出している「パイピング」にNでもチャレンジしてみようということで、先日実践してみました。

(その1/80のパイピングはここには書いていないわけですが…どこかでいつか公開するはずです。)



今回は、富士川車輌工業の配管治具ステッカーを利用してパイピングをしたいと思います。

201403202302113e2.jpg

一応この製品はGMの一体ボディ用なのですが、多少の寸法差があるもののマイクロ1000にも使えそうでしたのでそのまま流用します。



まずはこのステッカーを切り出し、屋根に貼り付けます。

201403202301118e3.jpg


次にステッカーの指示通りに穴を開けます。

20140320230114635.jpg


そして配管の図の通りに真鍮線を曲げていきます。富士川車輌工業のサイトでは固定しながら曲げていくと解説されていましたが、屋根に固定された状態で真鍮線を曲げることに自信がなかったので、敢えて先に曲げてしまうことにしました。

201403202258210f7.jpg

ここで正確に曲げないと固定の際に調整が面倒なので、出来る限り図柄と同じになるように丁寧に曲げます。


いよいよこれから固定していくことになりますが、今回は割りピンではなくリード線を使用することにしました。

20140320225823aa5.jpg

上の写真は順次固定している途中の様子です。写真のようにリード線を輪っかにして生やして、そこに先ほど折り曲げておいた真鍮線を通し、リード線を裏から引っ張って締め付け、瞬着で固定します。ネットにいくつも上がっている作例を参考にして作業しました。


そうして全ての配管を固定し終えたのがこちら。

201403202258263cd.jpg

パンタやヒューズ箱に繋がる部分は、パンタ台やヒューズ箱の部品がないので、それらを買ってきて設置してから曲げることにします。


別角度から。

20140320225819961.jpg

パンタからヒューズ箱にかけて2段になっている部分もTwitterでの作例を参考に、リード線を8の字にして使うことで固定しています。


また、裏から出たリード線の足がボディ上面と干渉するので、当該する部分をくりぬいておきました。

2014032022582969b.jpg


その後、配管が車体に引き込まれる部分を屋根と車体との現物合わせで曲げて、車体側にもちょうどいい位置に穴を開け、屋根を車体に取り付けたときに配管がうまく嵌るようにしました。

20140320230314810.jpg

奥から2、3本目の配管の曲げが不自然になってしまいました。やはり屋根に固定された真鍮線をうまく曲げるのは難しいですね。


他にも、ドリルで穴を開ける精度が悪いせいで複数の配管の平行が出せていない箇所などもあり、今後の課題です。


1/80よりも細かいことに加え、初めから複雑な配管にチャレンジしたこともあって、必ずしも満足できるレベルには達しませんでしたが、回数を重ねることで上達…できたらいいな。





さて、実際の施工と順番は前後しますが、妻面の改造も行ったのでここでご紹介します。


京急1000形の妻面は折妻になっているわけですが、マイクロ1000はGMエコノミーキットと同じく、角のRが小さく後退角がきつい1131~1206のタイプで、後発のGM塗装済みキットと比較すると後退角の違いが目立つようになります。

2014032023031219d.jpg

今回作ろうとしているのはGM塗装済みと同じ集中冷房車なので、この後退角を浅くしなければいけません。


そこで、真鍮線とパテで後退角が浅くなる分を盛ってしまおうと試みました。


まずは0.4㎜の真鍮線を妻面の両端に接着します。

201403202303102cc.jpg

この真鍮線がミソで、パテを盛るガイドになるだけでなく、角のRも自動的に決まるので一石二鳥なのです。


ここに光硬化パテを盛り、真鍮線をガイドにペーパー掛けして平らにします。

201403202304502b9.jpg

パテよりも真鍮線のほうが固いので、比較的狙い通りに削れると思います。ただし真鍮線も削れないわけではないので、やりすぎにはご注意。


ついでに裾の切り欠きの幅も狭めておきます。光硬化パテの黄色が薄くなって見づらいですが、これで完成です。

2014032023011980e.jpg

…おっと、幌の取り付け足が嵌る切り欠きも埋めないといけませんでした。まだ完成ではありませんでしたね(汗


まあそれは後でやるとして(笑)、後退角修正の手順は以上です。


修正の効果は下の画像を拡大してご覧ください。

201403202301161af.jpg

GM塗装済みボディと比較すると雨樋の位置も違うようですが、そこまで揃えようとすると屋根を接着して隙間を埋めるというメンドクサイことになってしまうので、今回はそのままでいくことにします。








3月中は、1/80をやって、残り7箇所の妻面修正をして、サークルの仕事をして、1/80をやって、パンタ台座を取り付けて、サークルの仕事をして、1/80をやって……という日々になりそうです。


そろそろ4月以降の授業のことも考えなきゃいけないかな?


それでは今日はこれで。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。