スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【平面ガエル】熊本5000系を作る(3)

こんばんは。


なぜかパソコンでネットを見られなくなってしまったので、iPhoneから更新してみます。


ネットを見る分にはほとんどPCと同じことができて、ほんとにスマホって便利ですね。





では、こんどこそ平面ガエルの続きを(笑)



前回の記事は2011/12/21のようですが、どこまで書いたのか全く覚えておりませんでしたw


ちなみに前回の記事を見るには、右のカラムにあるカテゴリから「熊本5000(平面ガエル)」を選んでいただくと楽です。




今回は前面をいじります。


まずは普通の「カエル」から。

image_20130514000025.jpg

熊本5000はヘッドライトが変わっているので、その再現をします。


ヘッドライトの中身をφ2.0のドリルで開孔します。精度を上げるための手順として、いったん径の小さなドリルで開けてから、目的の径で開けるようにしています。

image_20130514000027.jpg


ここに2mmプラ丸棒を差し込み、接着します。

image_20130514000030.jpg


接着できたら余分なところを切り落とし、丸棒の中心にφ1.0で開孔します。

image_20130514000032.jpg



ヘッドライトのてっぺんにはヒサシのようなものがついているので、手元にあったt0.14mmのプラシートでそれらしく再現。

image_20130513235945.jpg

image_20130513235946.jpg

ちょっとわかりづらいかもしれません(^_^;)




これと同じようなヘッドライトを平面な「カエル」にも取り付けるわけですが、少し作り方を変えて、2mm丸棒を軸にt0.14mmのプラシートを巻きつけることにしました。

image_20130513235949.jpg


これを輪切りにすることで、先程と同じようなものを作ることができます。

image_20130513235950.jpg


これにφ1.0の穴を開け、さらに新たにバルクで買った前面から供出したテールライトも用意します。

image.jpg


貫通扉も0.3mmプラ板で自作。

image_20130513235841.jpg



以上を取り付け終わった様子がこちら。だんだんと様になってきました。

image_20130513235842.jpg


もちろん、先程と同様にヘッドライトのヒサシも取り付けます。

image_20130513235845.jpg



これで現状でできる前面の作業はあらかた済みました。昇降ステップや雨樋は箱組みした後のほうが都合が良さそうなので、後回しです。

image_20130513235846.jpg







これをしている合間に、動力について考えていたのですが、鉄コレ動力を無理矢理取り付ける方針で固まりました。詳細は次回以降に書きますが、かなり無理なことをしてますw

image_20130513235947.jpg

↑相当ダイエットしました








あまり進捗していないように見えますが、親指も疲れてきたので(笑)、今回はここで終わりにします。


次回、続きを書けるように頑張ってみます。では。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。