スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GM新1000形を3~5次車に改造してみる(2)

5日ぶりの更新…?



割とパソコンはいじってたりするんですけど……なかなか模型を進める時間が少なくて記事のネタがないんですよね。






今回は新1000の話です。



新1000の前回の記事で書いた前面窓の黒フィルムですが、塗装での表現を試してみました。


マスキングの箇所が多いので面倒なのですが試作ということで。




まずガラスが車体についた状態で、透明で残したい行先・種別・列番の窓の位置を決めます。マスキングテープの細切りを貼って位置を確認。

行先・種別・列番の位置を決める



マスキングテープを剥がさずにガラスを車体から外して裏返し、製品に含まれる方向幕ステッカーを正確に切り出して貼り付けます。これをマスキングテープ代わりとすればサイズを測ってテープを切り出す手間が省けます。

ステッカーをマスキングテープ代わりに


ガラスを車体に戻します。

ステッカーが裏に貼り付いています

裏にステッカーが貼ってあるのがわかりますね。



次に前照灯の位置を決めます。手順は方向幕と同じ。

今度は前照灯の位置を決める


またガラスを取り外し、マスキングテープで前照灯部分を裏からマスクします。(さすがに前照灯サイズのシールは無いのでサイズをあわせたマスキングテープを使います。)

マスキング貼り付け完了

これはこれで前照灯に見える…w




透明で残したい部分はマスキングしておきます。

透明で残すところはマスキング



表面もマスキングして、仕上げにマスキングゾルを使って隙間の無いようにします。

マスキングゾルで隙間まで埋める



GM10番の黒を塗装。

塗装後



テープをはがすと……?



マスキングをはがした状態


テープをはがす時に一部欠けてしまいましたが、おおむね良好のようです。



装着!

装着

うーん

分かりづらい?


どうですかね?





え?わからない?



未加工車と比較してみます。

フィルム表現あり/なし比較

フィルム表現あり/なし比較

この角度で撮ると分かりやすいですね。


フィルムあり
フィルムなし


この違いを再現できたでしょうか?







ちなみに。


撮った写真を見てみると602編成にもフィルムがついている(?)ようなので、以前作ったもの(記念一番列車)を引っ張り出してみました。

新1000と600で比較

ガラスを交換してみます。

ガラスを交換してみた



交換前

新1000と600で比較

交換後

ガラスを交換してみた


この写真なんかが顕著ですが、結構印象が変わりますね。ある程度は効果がありそうです。





効果があるのはいいんですが、この方法は手間が掛かりすぎるのが欠点なんですよね…



ということで、他の方法も試してみることにします。







バルク


今日(というか昨日)、横浜に行って床下バルクをいろいろと買ってきたので床下弄りも再開できますね。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。