スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田急9000形を作る【3】

こんばんは。


だんだんと大学にも慣れ始めてきまして、少しは模型を弄る時間を取れるようになったかな、という今日この頃。


前の記事で予告したとおり、小田急の続きの記事です。






まず、製作の動機について少し補足します。


私がいきものがかりファンであることは前から言っていますが、そのいきものがかりの1stシングル『SAKURA』のMVに小田急9000形が登場するんです。


いきものがかりで鉄道モノといったら、そりゃ作るしかないだろうと(笑)


小田急9000形を作る【1】でちょろっと書きましたが、MV集『とってもええぞう』にそのMVが収録されているので、興味があればぜひ見てみてください。ちなみに、他の曲にはこどもの国線やゆりかもめが映ってたりします。





ところでこのキットは4両なので、4両編成の9007Fにするつもりです。ただし、SAKURAのMVの撮影は2006年1月の初めだそうなので、映っている9000形は6両編成のようですが。


映っている方向幕も 急行|新 宿 に見えるのですが、行先はいきものがかりの地元の本厚木や海老名にしたいので、そこまで忠実に再現するってわけでもありませんw









前置きが長くなりましたが、製作記の続きといきましょうか。


まずは前面を弄っていきます。小田急の顔には手スリが必須だと思いますので、植えてみましょうか。それに、MVでは横顔が映るので、貫通扉脇の手スリが無いといけないのですw

IMG_5664.jpg

もとからあった手スリのモールド(この画像では切除済み)も参考にしつつ、穴を開けます。(φ0.3mm)

昔使っていたジャンパ管の関係なのか分かりませんが、左下の手スリは位置が2通りあるようなので、ネット上の画像を参考に位置を決めました。


RMM200号付録の手スリ折り曲げ治具を使って、手スリを量産します。使用したのは、手元にあった直径0.28mmの真鍮線。横浜のハンズで15m巻き120円程度だった気がします。


(参考・RMM200号付録の手スリ折り曲げ冶具)

手スリ折り曲げ治具


量産した手スリを植えます。特徴的な形をした貫通扉脇の手スリを作るのは大変なので、GM小田急8000形の完成品用のパーツをGMストアーで調達して取り付け。

IMG_5665.jpg


斜め上から見た図。ちょっと曲げ方が下手だったので丸っこくなってしまいましたが、まあ、いいです。

IMG_5666.jpg


やや小さめの前面方向幕部の凹みは、ステッカーのサイズに合わせて拡大しておきます。

IMG_5671.jpg

前面下部の手スリの位置が違うのもお分かりいただけると思います。




これで前面の加工は終わりで、次は車体を組み上げていきます。


特に変わったことはせず、定石(?)のL字→ロの字という手順を踏みましたが、うまくピッタリ合わないな、と感じる箇所は干渉する部分を削るなどで対処しています。


同様に屋根も干渉する部分を削りますが、画像の矢印の部分を薄くして、なおかつ妻板に接する面を斜めに面取りするとよさげでした。

IMG_5682.jpg




この形式の小田原方先頭車にはパンタがありますが、キットに含まれている先頭車用の屋根には配管のモールドが無いので、GMストアーで中間車用の配管つきの屋根を入手してそれを使うことにしました。


中間車用の屋根は先頭車用よりも長いので、画像のように巻きつけたマスキングテープをガイドにして切断します。

IMG_5662.jpg


この屋根を使うことによって、先頭車屋根上の小物がなくなってしまうので(右)、

IMG_6043.jpg


使わなかった先頭車用配管なし屋根からスライスして…

IMG_6044.jpg


取り付けます。

IMG_6045.jpg

うーん、ちょっとズレてる? まあいいか。







さて、これで車体の加工はあらかた終了しました。

IMG_6050.jpg

(実は一部ペーパー掛けが残っているのですが、ブログ的にはあまり変わらないので、とりあえず終了と言うことにしますw)







次はいざ塗装、といきたいところですが、現状で塗装できる状況が整っていないので、ここで製作を一旦停止することにします。














少しは模型を弄る時間が取れるようになったとは言ったものの、次第に難しくなっていく授業についていくために勉強もしないといけないわけでして。


なので、更新頻度は今後どうなるかわかりませんが、継続的に模型ネタを書けるように頑張ってみます。





で、小田急が一段落したわけですが、次は何をしましょうかね。


取っ掛かりやすい平面ガエルとかやってみますか。
スポンサーサイト

近況

こんばんは。


大学の講義が始まって早一週間。


やることがありすぎて、なかなか模型を触れられずにいます。


この生活に慣れて落ち着くまでしばらくこんな感じの更新頻度が続きそうですが、ご理解いただければと思います。







大学といえば。


いろいろなサークルを見に行って、新歓にも行ってみたりしています。


鉄研以外にちょっと興味が湧いたところがあって、兼部しようかな〜 でもしたら勉強する時間なさそうだな〜 なんて結構迷っていますw


新しいこともしてみたいし、かといってあれもこれもって手を出しすぎても中途半端になりそうな気もするし…迷うw







それとですね、大学が某線の沿線にあるおかげで、私、京急沿線民なのに京急に乗って通学できないという事態になりまして(泣


継続的な京急車の観察もできなくなってしまったので、「京急車搭載クーラー一覧表」の更新も中止させていただきます。
(もとからあんまり更新してなかったじゃないかとか、そもそも需要がないだとか言わないでw)


別に興味が薄れたわけじゃないんですけどね。今後模型を作るときもこだわるつもりですw


ただ、京急車の模型の時代設定としては2007年~2013年がメインになりそうです。やっぱり思い出だとか親しみだとかってのは大きいですね…









そういえば。


半ば勢いでtwitterのアカウントをつくってみまして、途切れ途切れにつぶやき始めました。


知り合い向けなのでここには晒しませんが、リアルで面識のある方であれば言っていただければお教えしますw


81SHとしてのアカウントもそのうち作りますかねぇ。









それではまた。次回こそは小田急の続きを書けるように頑張りますw

グリーンムーバー

こんばんは。


いよいよ大学生活が始まりました。早くも来週から授業ですよ。なんか怖ぇーw


受ける授業を自分で決めるってのもなかなか緊張しますね。








さて。


先週、こんなものを買いました。


IMG_6006.jpg

MODEMO広電5000形グリーンムーバー!


…えぇ、旅行でわざわざ岡山から広島に戻って広電を跨線橋から撮ったのは、このためでしたw



IMG_6008.jpg

なかなかいい表情じゃないですか。


でも…

IMG_6012.jpg

こうやって見ると各車両けっこうガタガタですねw


これ、手で上から押さえつけたりして調整すると一旦きれいにまっすぐになるんですが、曲線を走らせるとまたガタガタになってしまいますw


特殊な5車体連接構造ゆえに、ある程度は仕方ないことなのかもしれませんね。


ちなみに、走りはそこそこ良好でした。



IMG_6022.jpg

印刷は細かくてきれいです。でも、塗装はボテボテの厚塗り……マイクロみたいですねぇ。彫りが大げさなのもマイクロに似ています。


逆に屋根上機器はもうちょっとボリュームがあってもいい気がしますが…。

IMG_6027.jpg

このクーラー、実物とちょっと違うみたいなんですが、なぜでしょうかね?

IMG_1384a.jpg

これが実物。模型と比べると、ファンが片方に寄っていたり、側面のメッシュの部分が少ないんです。


そんなの気にすることじゃないって? そうっすね(





車体を裏返してみるとこんな感じ。

IMG_6034.jpg

台車の脇に何か白いものが見えますが…


IMG_6032.jpg

手作業で切り出した0.5mmプラ板が貼り付けてある


なんだか、苦労が伝わってきますねw




IMG_6015.jpg

台車はA・B車とE車で作りわけ。実物を見ていて、車軸の先(?)がくるくる回るのが印象的だったんですが、ちゃんとその部分が再現されています。








ここからは少しばかり手を加えてみます。


写真を見ると、運転台の上のアンテナ(?)はB車のみの装備のようですが(写真参照)、

IMG_1195.jpg
(B車)

IMG_1249.jpg
(A車)


模型では両方についていたので、A車のものは取り外してみました。

IMG_6039.jpg

取り付け穴が見えてしまうので、アンテナ本体の取り付け足だけを挿しておきました。あんまり目立たないので、これでもいいかなと。




IMG_6025.jpg

運転台には手元にあったガンダムマーカーで青く塗ってみました。要は手抜きw



IMG_6029.jpg

前面方向幕の部分を上から覗き込むと隙間があって不恰好なので(右)、黒い紙を当てて隙間を減らしてみました。


実物はこんな感じ。

IMG_1191_20130406171008.jpg

青い運転台も見えます。


あと、写真を撮り損ねましたが、車内に見える動力装置で目立つもの(フライホイールやシャフト)を油性ペンで黒く塗っておきました。




そんなことをして、再組み立て。

IMG_6038.jpg

素のままよりも良くなった気がします。特に、前面周りは効果的ですね。


あ、車番は初めて乗った5010にしてみました。ベースつきのインレタはちょっと見栄えが悪いですね…







なんだかチョイ足し的なことしかしていませんが、これでも多少の愛着は湧くってもんです。



この車両の特殊な動力構造を見てると、KATOのライトレールも欲しくなってきますねぇ。台車内にモーターが納まっている様を見てみたいw





では、今日はこれで。
プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。