スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業旅行

こんばんは。


前の記事の最後にもちょろっと書きましたが、23日から29日にかけて旅行に行ってきたんです。


高校の鉄研メンバー(1人欠)で、卒業旅行と称して関西方面へ行ってきました。


所詮学生ですから、18切符の貧乏旅行です。のはずです。たぶん。おそらく。






まず乗り込むのはムーンライトながら。

IMG_0233.jpg
@浜松

おととしも同じような写真を撮りましたが、画質が格段に上がっていますね。


定番の乗り継ぎをして、大阪に着きました。ちなみにこの日は他の2人とともに行動です。


「しまかぜでも撮るかー」的なノリで近鉄に乗り、撮れそうなところで下車。

IMG_0252.jpg
@俊徳道

IMG_0254.jpg
@俊徳道

かっこよいですなぁ。



そして、65撮るべ、てな感じで山崎へ。

IMG_0274.jpg
@長岡京~山崎

おそらくこれが旅行を通してのベストショットですw


IMG_0292.jpg
@長岡京~山崎

併走してくるとテンション上がりますなぁ!


IMG_0308.jpg
@長岡京~山崎

本番。微妙ですが…撮れただけいいか。


このあとの上りの81を山崎駅先で狙うも快速に見事に被られ撃沈。




こんどは山陽電鉄の須磨浦公園駅を見に行くことに。


おそらく一部の人には妙になじみのあるであろうこの駅ですが、念願かなってようやく本物を拝むことが出来ました。

IMG_0366.jpg


ここから割と近いところに山陽本線の有名撮影地がありますが、知らぬ間に65貨物が通過。

IMG_0390.jpg
@須磨~塩屋

有名なアングルで、後打ち(笑)



三ノ宮でお好み焼きを食べた後、夜景を撮ろうということで六甲道からバス、ケーブルカーを乗り継いで六甲山に登りました。

IMG_0405.jpg
@六甲山展覧台

ちとモヤってる感がありますが、これでも十分です。

IMG_0409_20130331152202.jpg
@同上

神戸方面です。綺麗ですねぇ。

本当は隣の山である摩耶山に登りたかったのですが、あいにくケーブルカーが運休していましたorz



で、この日は高松の瓦町に宿泊するのですが、今から行くと高松駅到着が既に日が変わった後になってしまい、さすがに遅すぎるんですね。他のメンバーとの合流の兼ね合いもありますし。


さあ、困りました。


困りましたので、こうしましょう。

IMG_0034.jpg

Ladies and gentlemen, welcome to the SHINKANSEN.


貧乏旅行はどこへ行ったんでしょうね(爆)


夜遅い時間帯だったので乗客もまばらで、非常に快適でした。あぁ、ずっとこれに乗って高松まで行けたらなぁw


これのおかげで無事瓦町のホテルにイン。






翌朝。


私はひたすらことでんの朝ラッシュを撮影。

IMG_0439.jpg
@高松築港~片原町
IMG_0441_20130331152100.jpg
@同上
IMG_0518.jpg
@同上
IMG_0519_20130331152056.jpg
@同上

やっぱり高松築港~瓦町の区間で撮るのが効率いいですね。某海砂利水魚もびっくりの「どんどん来る来る」ですw



1時間以上居座ってラッシュも終わったので、瓦町の留置線を見に行きました。

IMG_0668_20130331151951.jpg

1300形が瓦町止まりの運用だったので、観察するには絶好のチャンスだと思いまして。


IMG_0681.jpg
IMG_0700.jpg
IMG_0755.jpg

床下から屋根上まで、200枚近く撮りました^^


そのうち600形や1200形の写真もありますがせいぜい数十枚。どんだけ1300形(=京急1000形集中冷房車)好きなんだお前はっていう。



ちなみに、しばらくしてこいつは仏生山へ回送されていきました。

IMG_0874.jpg
@瓦町~栗林公園

高架化工事をしていた蒲田付近みたいですね。



私も追いかけるように仏生山へ向かい、周辺をぷらぷらしつつ参考になりそうな写真をパシャパシャと。

IMG_0955.jpg

C-1000。ことでんでは毎回床下機器まで塗り直すのでピカピカです。



本場のうどんを食べて、次の宿泊地の松山に向かいます。

IMG_0070.jpg

途中1人のメンバーと車内で合流。多度津のあたりで撮影していた残りの3人とも車内で合流するはずだったのですが…………彼らは乗って来ず、発車直後に階段を登ってきた姿を発見(笑)


彼らはその後の特急しおかぜで追いかけるハメに。貧乏旅行はどこへ(ry





特急で追いついた3人とも合流して、上の写真と同じ7000系を乗り継いで松山に到着。


わざわざ歩いてスシローに行ったりしつつ、道後温泉へ向かいます。

IMG_8527.jpg

ちなみにアス比4:3の画像はiPhoneで撮ったものです。そうそう、私もついにiPhoneにしたんですよ。twitterでもやってみようかなと考えたり。



で、道後温泉に入って、付近のホテルに宿泊。






翌日。


市内電車を撮ってみました。

IMG_0995.jpg
@市役所前電停付近

なんか来ました。この外観で、ディーゼルエンジンの音にパンタ(というかトロコンを叩くための棒)っていう、なかなかシュールな装備ですw


IMG_1012_20130331151838.jpg
@同上

路面電車が走る街って、いいですね。


IMG_1017_20130331151734.jpg
@同上

こんな車種、バスコレでしか見たこと無いw


IMG_1030_20130331151732.jpg
@同上

桜と絡めてみたものの、なんか微妙ですね。



適当に時間を使った後は、郊外電車で高浜に出て、呉・広島行きのフェリーに乗ります。(画像なし)


広島(宇品)まで乗ってしまうこともできますが、呉まで行ってそこからJRに乗り換えたほうが安いのでそちらを選択。


JRで呉→広島を移動したら、広電に乗り換えて宮島を目指します。JRでも宮島まで行けますが、広電宮島線に乗りたかったのでw


IMG_0086.jpg
@広電宮島口

これに乗りました。路面電車が専用軌道で飛ばす感覚が面白いですね。よく揺れるしw



海を渡って、厳島神社へ。

IMG_1116.jpg

シルエットが美しい。



広島駅に戻り、ここでもお好み焼きを食べ、荷物を預けていた駅ビルのコインロッカーに行くと………


営業時間 9:00~21:00 ※現在の時刻 21:05




糸冬 了















……一旦ホテルに行って、冷静になってからもう一度駅へ行って警備の人にお願いして、なんとか開けてもらいましたが、マジで冷や汗かきました。みなさまもコインロッカーの営業時間にはくれぐれもお気をつけください。






翌日。メンバーのうち2人はこの日のながらで帰るので、一足早く分割。


Perfume好きの某氏が広島市内を回るというので、ついていってみました。聖地巡礼らしいですが、よくわからんw とりあえず広電に乗れればよかったので。

IMG_0108.jpg
@広島駅電停

グリーンムーバー(マックス含めて)いいですねぇ。うねうねする感じが。


IMG_0113.jpg

あのー、なんで「出 口」はこっち向きなのに「EXIT」は反対向きなんですかね?


「入 口」と「ENTRANCE」は同じ向きだったんですが…


IMG_0119.jpg
@広島港電停

この電停は広々としていて、なんか未来的な雰囲気さえも漂っていますね。


IMG_0128.jpg

昼食はここで。トランヴェール・エクスプレスという、路面電車を利用したレストランです。3月末で営業終了ということで、訪問できたのは幸いでした。


その後も市内を回りまして、ピッコロに乗ったり、ピッコラが白島線と直通しているのを見たり。

IMG_0148.jpg

ところで、こいつ加速良すぎませんかね?


速度計を見てみたら、5km/h加速するのに約1.3秒(0km/h→20km/hは見ていませんでしたが、20km/h→40km/hの5km/h刻みにそれぞれ約1.3秒かかっていました。乗客は十数人、勾配は無かったと思います。)だったので、計測上では3.8km/h/s以上出ていることになります。


wikipediaには起動加速度3.5km/h/sとありますが……銀千が3.5km/h/s以上出てる疑惑みたいなもんでしょうかw





閑話休題。


なんか遠くのほうに行っていた某氏と合流し、先ほどのPerfumeの某氏が行きたがっていたお好み焼き屋へ。サインが飾ってありました。

ちなみに、その遠くへ行っていた某氏はそこでもSHINKANSENにwelcomeされたらしいですよ。貧乏旅行は(ry



この日は岡山泊なので、山陽本線をひたすら上ります。

IMG_0162.jpg

来る電車来る電車みな転換クロスなので快適でした。






翌日。


先に2人が帰っているのでこの時点で3人のみですが、行動はバラバラ。私はどうしようかと悩んだのですが……

IMG_0178.jpg

再びの広島


岡山に泊まったのに、わざわざ3時間かけて広島に戻りましたw 我ながらものすごくアホだw



一応理由はあって、前日は弱い雨が降っていて思うように広電の撮影ができなかったので、そのリベンジというわけです。

IMG_1184_20130331151414.jpg
@本川町電停付近

前日に歩道橋を見つけたので、ここで撮ってみます。これなら自動車が被るのを気にせず撮影できます。


IMG_1399.jpg
@同上

それに、模型的観点からも見ておきたかったので……(笑)


IMG_1403.jpg
@同上

これもバスコレで………って、古過ぎませんかこれ?


しかもこの車種が割と走ってるっていう。地方都市恐るべしです。


岡山広島間の移動に時間をとられてしまったのであまり長居はできませんでしたが、それでも十分撮影できました。




この後はただひたすら山陽本線・東海道本線を上り続け、ムーンライトながらで横浜に戻ってきました。

IMG_0182.jpg
@横浜

早起きは三文の得、なんて言いますが、早すぎw


ちなみに、京急の横浜始発の上り列車が品川方から入線する光景を見れたので、いちおう得はしましたw









ということで、以上で卒業旅行は終わりです。


一人参加できなかったのは残念でしたが、仕方ないことですもんね。あれっ、もう一人は……?(笑)



何はともあれ、楽しく、なおかつ無事に終了して、良かったと思います。


もしかしたらこういう機会はもう無いかもしれませんが、これからもよろしくです。>5人







さっ、もうすぐ大学が始まるぞい!
スポンサーサイト

最近の撮影

こんにちは。


最近は忙しいと言いつつもしばしば撮影に行ってたりするので、まとめてアップしてみます。





・3/1

この日は5Dが1521+1525だった日でした。

IMG_5623.jpg
等間隔に並んだパンタが美しいですね。

IMG_5630.jpg
初めてまともに撮った1D。

IMG_5632.jpg
2011も初めて撮りました。


他の場所でも撮ったのですが失敗したので省略。




・3/11

東横特急9013F氏に誘われて直通前の東横線を撮影。量が多いのでコメントは省略しますw

IMG_5715.jpg
IMG_5717.jpg
IMG_5720.jpg
IMG_5739.jpg
IMG_5760.jpg
IMG_5771.jpg
IMG_5783.jpg
IMG_5839.jpg
IMG_5894.jpg
IMG_5899.jpg





・3/15

この日は所用で出かけたのですが、大岡山でこんなものに遭遇。

IMG_5933.jpg
IMG_5940.jpg
IMG_5946.jpg

運が良かった……のかな?


その後時間があったので、ちょっと大井町線の方へ行ってみました。

IMG_5957.jpg
じきに転属してくる9000に押し出されてしまうんでしょうね……幼い頃によく乗っていただけに、寂しいものです。

IMG_5966.jpg
私にとっての9000は、やっぱりこの編成ですね。9000は孤高の存在であるべきなんですw



池上線も撮りたくなってきたので、移動して…

IMG_5981.jpg
これは池上線ではありませんがw

IMG_5990.jpg
幼い頃、これにもよく乗ってました。

IMG_6001.jpg
その当時は、これと7915Fが"当たり"の車両だったんです。


これでこの日は終わり。





・3/21

この日は、ネットで調べたことと経験則によって2011が9Cか15Bあたりに入るだろうと踏んで、ちゃまた氏と能見台に行ってみました。

IMG_0029.jpg

しばらく撮っていたら、下りエア急が来まして……

IMG_0035.jpg

………!?


そうか31Dも文庫入庫か(落胆





これではどう足掻いても撮れないので、2011は諦めて撮影続行。

IMG_0037.jpg
IMG_0048.jpg
IMG_0051.jpg

飽きてきたので、場所を変えて少々。

IMG_0099.jpg


この後文庫で降りて、跨線橋に上ってみました。

IMG_0130.jpg
ちょうど木曜日だったので、こうやって撮ってみたかったのです。

IMG_0160.jpg
跨線橋を下りると、先ほどの2011が入れ換えをしていました。

IMG_0222.jpg
3ドアはともかく、前面の白だった部分がクリーム色になって、それだけでも上品な感じになりましたね。

IMG_0227.jpg
隣では恒例の幕遊びw


この後はヨドバシなどに寄りつつ帰宅。














さて、既にお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、途中からアスペクト比が変わって、画質もぐんと良くなっているんですね。


実は……

IMG_6003.jpg

Canon EOS Kiss X6i 18-135レンズキットを購入しました!


画質の良さ、撮影のしやすさに感動しております(笑)



135mmでは望遠が足りない場面が多々ありますが、そのときのために……

IMG_6005.jpg

TAMRONの70-300も同時に購入!


友人氏いわく、ダブルズームキットで55mmを境にレンズが分かれるのはとても面倒だそうなので、それよりもさらに望遠の効くこの組み合わせにしました。








ちなみに今日から旅行に行くので、さっそくX6iが活躍することになりますね。


帰ってきたらまた報告します。

小田急9000形を作る【2】

こんばんは。前回の更新から1週間以上経ってしまったんですね(汗



新生活へ向けていろいろとやることが多すぎて困りますね。そんな中で写真を撮りに行ったりもしてたので、なかなか模型に触れられず。


今回は内容が薄っぺたいことを予めお断りしておきます(笑)






後輩に説明するシリーズ第2弾ということで、エコノミーキットの車両を集電できるように改造する方法を書きます。(あくまでも一例で、他にも手段は考えられます。)


まず、用意するものはTOMIX製の車輪と旧集電システムの集電板と集電スプリングです。TOMIXの分売パーツを扱っている店なら手に入ると思います。

TOMIX製車輪・集電板・バネ

(画像の集電板とスプリングはTNカプラーの空き箱に詰め替えた後です。このような状態では販売されていないのでお間違えなきよう)



TOMIX製の台車を参考にしながら、画像の位置に穴を開けます。(TOMIXの穴は直径2.7mmでしたが、2.5mm程度でもスプリングは通ると思います)

穴を開ける



その後、車輪をTOMIXのものに交換して、集電板とスプリングを組み込んでみました。

車輪を交換して集電板・バネを組み込む

これだけでは集電板がグラついてしまったので、下のように支えを設置してみました。

集電板の支え

こんなに仰々しいものでなくても良かったんですが(笑


これで集電板は安定したので、先ほどのように集電板とスプリングを組み込み、台車は完成です。






あとは、床板に穴を開けて室内側に適当な金属板を当てるか、あるいはスプリングを床板にちょうど接触するくらいにカットして、床板には穴を開けずに床板の台車側に直接アルミホイルか何かを貼って、車内へと電気を導いてください。

IMG_5657z

(ごめんなさい、実際にはここまで加工してないんです…苦笑)






以上の方法でエコノミーキットを(比較的)安く集電対応にできますが、これには欠点がありまして…



それは、TOMIX旧集電システムの車両をお持ちの方はお分かりいただけるかと思いますが、やたらと走行抵抗が大きくなるということなんですね。


そのため、フル編成に施工するのはあまりおすすめできません。両端の先頭車のみ、などに留めておくのが良いかと思います。







それでは、短いですが、今回はこれで…。

小田急9000形を作る【1】

みなさまこんばんは。超ひさびさの模型記事でございます!



タイトルの通りですが、GMエコノミーキット小田急9000形を組みたいと思います!

GM小田急9000(8000)形キット



「“京急”模型工作記なのになんで復帰後最初の記事が小田急なんだ?」と言われてしまいそうですが(笑)、じつは以前からこれを作ろうと決めていたんです。


ふと思いついて、合格(=サクラサク)したらそれにちなんで作ろうと企んでいたのです。(←ここで勘付いた方、握手しましょうw



どういうことか説明しますと、



合格

サクラサク

SAKURA

小田急9000




ほら、繋がりました。


どうしてもわからない方は『とってもええぞう』をご覧くださいw





そしてそれを実行するときが来たということで、今回から小田急9000形を組み立てていきます。京急ファンの方も、読み流すくらいで構いませんのでしばしお付き合いください。

前面






まずは、あまり深く考えずに中間車から手をつけましょうか。

中間車1両分


今回は、後輩氏に説明するのを兼ねて、ちょっと手を加えてみます。


GMのエコノミーキットは概して車高が高い(腰高と言うほうが正確ですかね)のですが、それを下げて解消しよう、という試みです。


ありがとうギャラリー号を作ったときにもやりましたが、あのときはさらっと流してしまったので、もう少し詳細に書いてみます。




とりあえずランナーから切り出して、箱状に仮組みしてマスキングテープで留めます。

マスキングテープで仮組み




床板も準備します。このキットでは付属のウエイトが床板の窪みにうまく嵌らなかったので、すっきり収まるように床板を削って、接着はオモリ止めを使わずにゴム系接着剤と瞬着を併用して固定。

ウエイトを接着



この状態で車体に床板を嵌めてみると、下のようになります。

加工前の車高

拡大するとよくわかりますが、車体裾と台車との間に隙間があって、ちょっとかっこ悪いですね。


完成品の車両と比べてみたり、車体裾と台車が干渉しないかを確認したりして、ちょうど1mm下げることに決定しました。


他のキットに適用する場合はこの段階でどれくらい下げるかを確かめてくださいね。





下げ幅を決定したら、マスキングテープを剥がして一旦ボディを解体します。

床板を支えるリブ

側板の裏面はこのようになっていて、___―――――――___のようなリブで床板を支えています。


このリブの位置を変えてしまえば、床板の固定位置も変わって車高を変えることができる、というわけなのです。


リブを切り取るのには↓のように刃が平らになっているニッパーが便利。

刃が平らなニッパー



効率を考えると、切り取るときに↓のようにほんの少しだけ残しておくと、これから新設するリブの位置決めが楽です。

一部を残してリブを撤去


少し残しておいたリブを基準に、1mmプラ棒を先ほど決めた分(今回は1mm)だけ上に接着します。

リブを新設

このプラ棒が新しいリブとなるのです。床板の位置はこのプラ棒の位置によって決まりますので、精確な作業を心がけたいところです。もちろん、少しだけ残しておいた元のリブは最後に切り取ります。


これを、各側面に対して前後2箇所行います。もともとのリブは、

___―――――――___

でしたが、新設するのは、

___       ___

だけでも十分でしょう。





ここまで加工したら、もう一度マスキングテープで仮組みをしてみます。

ボルスタアンカがくっつくまで下がりました

これまた拡大すると見やすいですが、ボルスタアンカが車体裾にくっついているようで、実感的に見えるようになりました。



裏側から見ると、床板が落ち込んでいるのがおわかりいただけると思います。カプラーポケットが車体裾に当たるのでこれ以上首を振れませんが、カーブを通過するには十分です。

裏側から





今回はここまでにします。つづきはまた次回。では~。

雑感6

こんばんは。



先週、第3志望にするかとか第2志望も受けるとか、わけわからんことをあーだこーだと言っていましたが…





単刀直入に申し上げます。










第1志望の発表、結果は合格でした!




もう第2第3は関係ありませんw


全ての肩の荷が下りた、というような感じで。



この1年間は長かったような短かったような、いずれにせよなんとか良い形で終えることができてよかったなと。





最後に、これから受験へと向かっていくみなさん、頑張ってください。目標を定めて精一杯やれば、きっとなんとかなります。







~~~~~~~


というわけで、次回から模型の話ができそうです。

(たくさん仕掛かりがあるのにキット組み始めちゃいましたw)
プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。