スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山手線にいきものがかりのラッピング!

こんばんは。



いつもの話題からは逸れますが。




一言で言えばタイトルの通りですw


twitterで、『27日から山手線の車両側面にいきものがかりニューアルバム「NEWTRAL」の広告が貼り付けられた編成が走っている』という情報をキャッチしたので、学校帰りに見に行ってきました。



後輩氏にスマホを借りて、運用を確認。ここでもtwitterが役に立ちました。すげーなtwitter。
どうでもいいけど、実はアカウント持ってなかったりする



ラッピングが貼り付けられているのはトウ530編成とトウ550編成のようです。ちなみに今日はトウ550が70G、トウ530が49G(大崎始発)に入っていました。


大崎始発があったことが観察に大いに貢献してくれました。けっこう運がよかったのかもしれませんね。


トウ550編成・いきものがかり「NEWTRAL」ラッピング

トウ550編成。前面には何も無いので一見すると何の変哲も無い231ですね(^^;




以下側面のラッピングです。


その①
ジャケットの画像ですね。
ラッピングその①


その②
よっちゃんがバーンと。
ラッピングその②


その③
聖恵ちゃんがバーンと。
ラッピングその③


その④
ほっちがバーンと。
ラッピングその④


その⑤
3人で。
ラッピングその⑤


その⑥
よっちゃん
ラッピングその⑥


その⑦
聖恵ちゃん
ラッピングその⑦


その⑧
ほっち
ラッピングその⑧

(クリックすると大きくなります)



先頭車と中間車で貼り付けパターンが違うようで、下の図のように並んでいます。


(数字は上の①~⑧に対応)

ラッピング配置


各車両側面ともにこの順でした。つまりはいつもの水野-吉岡-山下の順番で並んでいるということですね。





それにしても、貼り付けパターンまで十分に把握できたので満足です(笑)

というのも、いつも見ているブログ様で某け○おん!ラッピング車を作っていたのに影響されて作りたくなっちゃったんですね(






あ、もちろん広告されてるこっちも忘れちゃいませんよ。

NEWTRAL

Chu Chu Chu Chu~




明日(というか今日になっちゃいましたけど)は4年に1度の聖恵ちゃんの誕生日ですね。


誕生日パーティーがどんなものなのか楽しみです。








運用を知りたい方のために追記



当日の運用をtwitterでつぶやいている方がいらっしゃるようなので、当該編成がどの運用についているかを知りたい場合はtwitter内で探してみてください。
スポンサーサイト

京急800形コンプレッサー交換状況

こんばんは。



800形のコンプレッサー交換状況をやっと調べ終わったのでアップします。



調査期間は2012年1~2月です。そのため801、803編成は把握できていません。

(今後、交換された場合は随時追加していく予定です。)



また、寝ぼけていたりして見間違えていることがあるかもしれませんのでその点はご了承ください。

(もし間違いがあればコメントでご指摘願います。)




では早速。


製造時に搭載されていたのがこのC-1000M形というCPです。かなりうるさいことで有名ですね(笑)

806-3



そしてこれが最終増備車およびCP交換後に搭載されているC-1000L形です。2000形と同じものです。

821-6

これを撮ったのが交換直後だったのか、やけに綺麗です。




いちいちC-1000MだのC-1000Lだの書くのは面倒なので、これ以降はM、Lと省略して書きます。




斜字はもとからL搭載


805-3 M   806-3 M

807-3 M   808-3 M

809-3 M   810-3 M

811-3    811-6 M

812-3    812-6 M

813-3 M   813-6 L

814-3 M   814-6 L

815-3 M   815-6 L

816-3 M   816-6 L

817-3 M   817-6 L

818-3 M   818-6 M→L(2012/9/4確認)

819-3 M   819-6 L

820-3 M   820-6 M→L(2012/2末確認)

821-3 M   821-6 L

822-3 M   822-6 M→L(2012/8)

823-3 M   823-6 M→L(2012/10/5確認)

824-3 M   824-6 M→L(2012/6/20確認)

825-3    825-6 M

826-3    826-6 

827-3    827-6 




いづれどこかから製品が出るでしょうから(GM?マイクロ?はたまたKATO???)、こういう編成ごとの差にこだわるのも面白いと思います。



では~。





京急800形については、関連記事「京急800形優先席増設状況・優先席ステッカー貼り付け状況」もどうぞ。

RMM付録

こんばんは。



RMM200号のツールキットのお話です。


RM MODELSを読むようになって早5年……ついに200号にまで達してしまいましたね。あの当時はまだ中学生にもなってなかったのに(苦笑)


今後も良い記事を期待しております。






んで、本題の「鉄道模型ツールキット」ですが、こんな箱に入っていまして。

RMM200号付録ツールキット



中身を取り出すと…

ツールキットの中身


なにやら変な形のパーツが詰まっています。





それぞれのパーツの使い方なんかはたぶん他のところでもアップされているだろうと思うので省略しまして、自分がとても気に入ったこのパーツを紹介。


手スリ折り曲げ治具


「手スリ折り曲げ治具」


1.0mmから18.5mmまで、0.5mmおきの長さの手スリを簡単に量産できる治具です。


自分で作ろうと思えばできなくもない治具ですが、これだけの数の穴を開けるのも苦労するのでかなりうれしいパーツです。



しかも、電機の前面窓下の横向きの手スリのカーブを作り出す機能もついていて、手持ちの65なんかをディテールアップしたくなってしまいます(笑)






あと、パンタ塗装ホルダーも地味ですが便利なものだと思いますね。







というわけで、ツールキットの簡単な感想でした。








・新1000の床下の進捗状況


新1000用フィルタリアクトル製作中


これはトラクションコンテナの隣に設けるフィルタリアクトルなんですが、実物を見て結構奥行きあるじゃん→模型を見てなにこれ薄すぎ→じゃあ足せばいいじゃん、ってなったので余計に時間が掛かっているのです…



まだまだ時間かかりそうですね。

GM新1000形を3~5次車に改造してみる(3)

またまた間があいてしまいました。あまり模型をいじる時間がとれないもので…





新1000前面の黒いフィルムについて、まだやります(笑)


前回は方向幕ステッカーをマスキングテープ代わりにして塗装で仕上げましたが、今回はもう少し楽な方法を試してみます。



それがこちら。

新1000前面黒フィルム・シール原画

模型を撮ったものを元に絵にしてみたものですが、これを透明なラベル用紙に印刷して手間を掛けずかつ均一に作ろう、という魂胆です。

↑クリックで拡大できます。やりたいという方はどうぞお持ち帰りください。



印刷してみました。

自作シール

裏がシールになっているラベル用紙を使います。


黒い部分の横幅が17mm程度になるようにサイズを調整し、左右を反転。これを裏から貼るのです。




早速切り出して貼り付けてみました。

塗装版とシール貼り付け版の比較

左が前回の塗装版、右が今回のシール版です。


ちょっと位置がズレてますね(^^;




ガラスだけ。

塗装版とシール貼り付け版の比較


拡大していただけるとわかりやすいかと思いますが、圧着が足りていないのでところどころ空気が入っているというか、完全に貼り付いていないのがわかります。


というのも、印刷面を擦って圧着させる形になるため、あまり強く擦ると印刷が剥げる恐れがあるからで…





………なら印刷面を保護すればいいじゃないか!ということで適当なステッカーを用意。


S-1043 京急ステッカー×17枚


手元にはすでに17枚在庫しているこの京急1000形向けステッカーですが、下の方に余白がありますよね?


この余白部分を上から貼り付けることで印刷面を保護しようと考えたわけです。


ステッカーの余白を上から貼る

こういうことですね。



シール切り出し

切り出して…




貼ります

裏から貼り付けます。



シール貼り付け改良版・拡大

印刷面を保護したおかげで大胆に擦っても印刷が剥げる心配はなくなったので、先ほどのものよりも空気が残ることは減りました。



塗装版とシール貼り付け方法改良版の比較

ただ塗装したものと比べると、シール下辺の白い境界線や、ガラスのてっぺんの固定ツメを避ける切り欠きが気にはなりますね…


そこだけ黒く塗れば気にならなくなるか?





とりあえず、工程が簡単なことも考えて、シール式も悪くないということがわかりましたね。






<おまけ>

この黒フィルムを再現した状態で、ライトを点灯させてみました。



新1000形のライトユニットではどうしようもないくらい光量が少ないので、ある程度明るい600形に登場してもらいます。



まず塗装版。

塗装版



そしてシール版。

シール貼り付け版


それほど差はないような気がしますが、よく見ると気になる点が。


ライトの下辺に注目。



塗装版

塗装版・ライト拡大



シール版

シール版・ライト拡大


この部分は塗装版ではマスキングテープを剥がすときに欠けてしまったところです。ライトを点けると目立ちますね……


その点、シール版はプリンターで印刷するので仕上がりは優秀です。






机の蛍光灯を消してみました。

塗装版

塗装版


シール版

シール貼り付け版


さらに部屋の蛍光灯も消すと…


塗装版

塗装版


シール版

シール貼り付け版


シール版の隅からわずかに光が漏れていますね。塗装版ではこの部分も含めて一気に塗っているのでそのようなことは起きません。



というかそれ以前に尾灯まで光ってることの方が問題ですねw







どちらの方式を採用するかは、もう少し考えてから決めることにします。






<さらにおまけ>


非常に暗い新1000のライトユニットですが、少しでも明るくならないかとあがいてみました。



右半分のライトに注目。

右が反射用銀ステッカー貼り付け

右が反射用銀ステッカー貼り付け

右が反射用銀ステッカー貼り付け


いかがでしょうか?


もちろんLEDそのものが暗いので根本的な解決ではありませんが、多少は(ほんの少し)明るくなったと思います。




その方法は、「導光材の、光が屈折する面に銀のステッカーを貼る」です。


銀のステッカーというのは、古いGMステッカーのことで、裏が金属になっているタイプです。(通じますよね?)


まだ一部のエコノミーキットはこのタイプのステッカーで、GMストアーでも入手できます。




写真を撮り損ねましたが、ただ導光材の折れ曲がる部分にそのステッカーを貼り付けただけです。


まあ、参考程度に。一番手っ取り早いのはLEDを置き換えることですからねw







今回はここまで。


床下の加工も割と進んではいるのですが、全て揃ってからまとめて書くつもりなので、もうしばらく時間が掛かりそうです…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

おだQ

昨日は寝てしまったので今日更新。



東横特急9013F氏、Sceskey氏とともに小田急を撮りに行ってきました。




京急久里浜行きの普通で横浜に出て、相鉄から海老名で乗り換えてまずは渋沢へ。


渋沢から新松田方面に歩いて開けた撮影地へ。

HiSE

まもなく引退するHiSE。長電のときと違って長いですw


ステッカー

引退のステッカー。


RSE

こちらも引退のRSE。ちょっと白飛び気味…


もちろん通勤車も撮ってはいますがあまり面白みが無いので非掲載w




ここからちょいと移動して踏切付近で。


1000形

普通に1000形。


371系

こちらも引退する371系。


3000形

電連つきの3000形。電連がついているほうが好きです。


HiSE

箱根から戻ってきたHiSE。


3000形

振り返るとこんな感じです。





引退する特急車は行ってしまったので、歩きながら撮影地探しをすることに。新松田方面に歩いていきます。


3000


途中で見つけたよさげな所。踏切からです。


謎の工場なんかを見ながらそのまま歩いて行くと、新松田に出てしまいました。途中に短編成なら撮れそうな場所はあったんですけどね…




で、時刻表を見るとまもなくLSEが来るということで軽く急いで開成方面に歩きます。


10分もしないで鉄橋に到着。したのはいいんですが構図を決められないままLSEが通過…見る鉄になってしまいました。


1時間待てばMSEが来るようだったのでそのまま鉄橋で撮影することに。鉄橋の上流側なら撮れそうだったのでそこにしました。

8000形

8000形。いま思えば正面がちだと柵がうるさいですね…


EXE

EXE。貫通顔です。




そうこうしていると、HiSEが新宿から戻ってくることが分かったのでMSEを捨てて(笑)、川の対岸である開成側に移動。

HiSE

HiSE。3発目です。


赤いやつ

赤い1000形。←こうやって書くとどうしても京急にしか見えないw

違う場所で後ろを向いていたところで振り返ったので木が入ってしまっています。




ここも飽きてきたので移動することに。歩いて開成を目指します。


途中でHiSEが帰ってくるっぽかったので適当なところで適当に4発目。

HiSE

HiSE。



開成までたどり着き、ホームで列車を待っていると…

LSE旧塗装


目の前をLSEが通過orz


この日は車両の運には恵まれませんでした…





少ししてやって来た1000形に乗り込んで小田原へ。

ワイドダァ

ワイドダァ、気持ち悪いくらいに広いです。



外に出てミスドでしばし休憩のあと、また駅に戻ります。




300系(新幹線ね)が来るか時刻表を見てみましたがたった1本で、そのために入場券を買うのは金の使いすぎかなーと思ったので入るのはやめました。





というのも、その前に「せっかくだしHiSEに乗ろう」ということで特急券を買っていたからなのです。


ただ、それまでだいぶ時間があったので待合室で待機。


待っている間にこんな並びがありました。

A8とVSE


正直に言えば、VSEがいなければA8がもっとすっきり撮れたのに。




1時間くらいして、西武を撮ってたちゃまた氏が乗ったHiSE箱根湯本行きが来たので見ていたら、ちょうど湯本からの各停で赤いやつが来ました。


赤いやつ

HiSEと赤いやつ


小田急の赤いもの同士。やがて片方がいなくなってしまいます…



これを撮ってまた待合室に引きこもり。ここでちゃまた氏が合流しましたが、我々がHiSEの特急券を取ったと知ると快急で先に行ってしまいました。




しばらく待って、いよいよHiSEの入線。

HiSE入線


カッコイイです。


ハイデッカー

このハイデッカー構造が災いしてLSEよりも先に廃車になってしまうんですよね…



ちなみに、この写真を撮ったところに座りました。要は後面展望。奇跡的に3枚残っていたので即おさえたのです。




小田原から本厚木まで30分ほどですが、最後となるであろうHiSEを十分に堪能しました。



HiSEとEXE

本厚木でお別れ。EXEと並びました。


海老名まで各停に乗って、相鉄経由で帰りました。






今回は結果的にHiSEがメインのようになりましたね。


同じく引退する5000は見当たりませんでした。




後で分かったことですが、渋沢~新松田~開成は8km超でしたwwwこんなの歩くから疲れるわけですねw


HiSEの後面展望でそのルートを見るのは感慨深いものがありましたがw




あと、個人的には海老名と本厚木の駅メロが聞けたのが良かったです。






では今日はここで。
プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。