スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことでん1070形を作る(2)

(予約投稿の)ことでんシリーズ4日目



今回は1070形です。



えーっと、前回は前面の接合が終わったところまでですね。←前回の内容を忘れている(


前回はここまで


このままでは角が立ちすぎているので、棒ヤスリ・ペーパーで角を丸くします。(写真撮り損ねました…)



角を削り終えたら、ライト関係に取り掛かります。


まずヘッドライトはトレジャーの京急用シールドビームを使います。

京急用シールドビーム


指示通り1.4mmの穴を開けて…

2両揃って

既にテールライトがついてしまっていますが、一応穴を開けた状態です。


車体塗装後に取り付けるので今は取り付け穴だけです。



そしてテールライトは元の前面から削り取ってきます。

元の前面から切り取った尾灯

実車と同じですね(笑)


これをイモ付けで接着。

尾灯貼り付け


これで前面の加工は終了……と思いきや、


……欠けてる!

額縁が欠けてる!


また面倒な…


まあ何言っても変わらないので、おとなしくプラシートを細く切り出したものを接着して整形してごまかしておきました…。



今度こそ前面の加工は終了、屋根上の加工をします。


まず削った雨どいを復元………位置が違うから復元とは言わないか。

雨どい周り

塗装後の写真ですが。


エバグリの0.25×0.5mmのプラ棒を元からある雨どいと馴染むようにごまかしつつ接着。




クーラーに関しては、分散冷房はキットのまま、集中冷房はCP京急1000一体キットをことでん1080として組んだときに余ったものを使用。


通風器は分散冷房はキットの仕様のままでクーラーの下を通して、集中冷房はクーラーの前後で分割しました。





ここまで進んだら塗装。


塗料はいつものように下地に白を塗ってからクレオスのグランプリホワイトで、上半分をマスキングしてタミヤのキャメルイエローを吹いています。屋根はGM⑨ねずみ色1号。



窓サッシとHゴムに色差ししてこの状態まで持っていきました。

仮仕上げ状態

JAMではこの状態で走らせました。連結して見えなくなるという発想で片方のヘッドライトはついてません。


それでもここまで出来たのが3日目の朝6時ですからねwww


前面を正面から

正面から見た図。印象はまあまあいいんじゃないですかね?


ヘッドライトが左右対称に見えないのは気にしない、というか気にしたくないwww


方向板は後でトレジャーのパーツに置き換えます。





床下機器はこんな感じ。


参考にどうぞ→実物資料 ことでん1070形


・堀側

堀側


・道側 そろそろ「堀側」「道側」っていう呼び方もどうにかしたいよね。

道側


パンタ車堀側の抵抗器のメインは近鉄のもの、それ以外は適当にストック箱から取ってきました。



ちょっとしたこだわりも↓

MGは中心に

写真を見ていたら1074(非パンタ車)の車体中心部の琴電琴平寄りにMGがついているようだったので、「K」からMGを奪ってくっつけておきました。




残っている工程は…

・パンタ周り配管の色差し
・クーラー等のスミ入れ
・前面の車番
・方向板(トレジャーのパーツ)
・ガラス周辺


こんなもんでしょうかね。



これで(予約投稿の)ことでんシリーズは終わりです。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレことでん600をいじる-6

前回の記事→ことでん1200形を作る(3)、ことでん1100形を作る(3)、鉄コレことでん600をいじる-5


(予約投稿の)ことでんシリーズ3日目です。


今回は600形。


1200・1100形同様、2両とも塗装をしておきました。


方向幕・ライトケースに色差しをしてこの状態。

仮仕上げ状態


昨日の1100形同様、ことでんロゴ・方向幕は自作デカールです。



床下はとりあえずいじってません。そのうち出来ればと。



この形式で一番手間の掛かっている屋根上。

屋根上

パッとしませんね…


早くスミ入れしないと。




残っている工程は……

・クーラー等のスミ入れ
・前面の車番
・前面ガラス黒Hゴム化


こんなもんでしょうかね。




明日は1070形の予定。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ことでん1100形を作る(4)

前回の記事→ことでん1200形を作る(3)、ことでん1100形を作る(3)、鉄コレことでん600をいじる-5


こちらも1200形同様、2両とも塗装をしておきました。


前面窓や方向幕などに色差しをしてこの状態。

仮仕上げ状態

実は片方は前面窓すら嵌っていません!


JAMまで本当に時間が無かったので、1100形は増結用だしとりあえず片方だけでいいだろうということで時間の削減を図ったわけです。


昨日の1200形同様、ことでんロゴは自作デカール、これに関しては方向幕(前面・側面とも)まで自作です。実物の写真をコントラストを上げたりして印刷しています。




床下はこんな感じ。


実物資料 ことでん1100形も参考にどうぞ。


・堀側
堀側


・道側
道側

パンタ車道側の抵抗器は↓を切り継いで使用。

抵抗器


パンタ車はキットのものも結構使ってますが、非パンタ車は適当にストック箱から選んでいます。


非パンタ車堀側の一番右側のよく分からない物体は本当によく分からないので適当に2つの機械を繋げて使用。まあこれでも間違ってるんでしょうけど…





残っている工程は……

・パンタ周り配管の色差し
・クーラー等のスミ入れ
・前面の車番
・ガラス周辺


こんなもんでしょうかね。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ことでん1200形を作る(4)

(JAMで走らせるためもあって)黙々と作業した結果、作業にブログが追いついていないという事態にwww


いままでの工程をまとめておきます。


前回の記事では1両しか塗装できていませんでしたが、後日もう1両も塗装しておきました。


ちなみに屋根はGM⑨、クーラーはGM⑭。


窓サッシやHゴム、方向幕などはエナメル塗料で色差し。面倒だったので爪楊枝で済ませています。


自作デカールでことでんロゴを作って貼り付けて写真の状態にまで持っていきました。

仮仕上げ状態




床下機器はこんな感じ。


この記事も参考に→実物資料 ことでん1200形


・(実物資料の記事の呼び方に合わせて)堀側
堀側


・道側
道側

適当なのであまり当てにしないほうがいいかも…

パンタ車はキット付属のもののまま、非パンタ車は適当に拾い集めて並べ替えています。特徴的なコンプレッサーは「C」から。コンプレッサーはことでん各種に共通して同じパーツを使っています。



ちなみにパンタ車は鉄コレ動力を組み込んでいますが、床下機器パーツはこのように…

床下機器は薄くスライス

薄く削って取り付けています。




残っている工程は…

・パンタ周り配管の色差し
・クーラー等のスミ入れ
・前面の車番
・方向幕ステッカー貼り付け
・ガラス周辺


こんなもんでしょうかね。ちなみにステッカーはGM塗装済み1300のものを使おうとしたんですが、ちょうど使いたかった「高松築港」だけ使ってしまっていたので、GMストアーで買ってくるまでお預けです。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

最近思うこと

を適当に書きなぐってみます。




・今月のRMMの富士川梓氏の京急600キットインプレッション読みましたが…………車番の位置とか5号車第2パンタの避雷器の位置とかが違うのは初耳でした。というか自分の模型のインレタの位置間違ってるよ…

画像は使いまわし
↑車番の位置間違えてたorz


・(今更ながら)JAMの戦利品………
キャスコの12両ウレタン×4枚←これで1000円。安かった。
トップリフター←ポポのくじ引きの4等。ちゃまた氏はフォークリフトって書いてたけどこれってトップリフターっていうんじゃないの?

これでランテックは持ち上げていいんだろうか?



・広電5100、いいなぁ……
作れるかな?とかまたも思案中。
てか長崎3000といっしょに企画倒れになりそうな気が…



・あー宿題終わんねー!←自分のせい



・1305-1308無事に香川着いたしまた乗りに行きたいなぁ
1075と1089が廃車ってのも意外。
そういえば昔こんなこと書いてたな…→http://khk1000.blog136.fc2.com/blog-entry-144.html(この記事の下の方)




・そういえば今後予約投稿で数回分更新される予定です。
プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。