スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京急車搭載クーラー一覧表

(最終更新:2012/12/20 勝手ながら諸事情によりこれ以降の更新を中止とさせていただきました。ご了承願います。)


こんばんは。


気づけば1000形の引退から2年、そして7月突入…。最近時間の経過が早いような気がします。




--------



以前から言っていた、京急車の搭載クーラー一覧表をアップします。


…が、その前に。現在使用されているクーラー(+α)について、写真を交えて整理しておきたいと思います。


各画像に対するコメントにはだいぶ主観的なところがあります(笑)



○CU-71DN形

角ばっていて、古そうな見た目のキセが特徴。私の好きなヤツですw

CU-71-DN
(山側から)

このように晩年の1000形にはよく載っていました。側面中央の2列のスリットが目立ちます。


現在は2000形の一部に少数のみ使われています。

CU-71DN
(品川寄りから)

上から見ると、品川寄り山側に点検蓋があるのが見えます。


CU-71DN
(海側から)

海側側面にも点検蓋があります。(ルーバーの右)



このDN形の最終増備形はファンが少し異なっていて、後述のCU-71E-G1などと同じ形のファンになっています。

CU-71DN最終増備形
(品川寄りから)

ファンが丸ではなく、角の取れた四角形であるのがわかります。




ところで、一番上の写真を見ると、本体の左端に「DN●」という文字が書いてあります。


「DN」はCU-71DN形を示す省略表記で、「●」は機器更新済みを示すマークだということです。


この「●」の貼り付け位置にバリエーションがあって、下のような種類を確認しました。

CU-71-DN表記

まあ、今じゃ2種類しか見られないんですが。


ちなみに、この差異を見つけたことが、私がクーラーに興味を持つようになったきっかけでもあります。



○CU-71E形

6機しか製造されなかった希少種です。私は1310(銀じゃないですよ)に載っていたのしか見たことがありません。

CU-71-E
(浦賀寄りから)

見た目はDN最終増備形と同じですが、わざわざ形式名を変えたということは、内部が異なっているのでしょうか。


省略表記は「E」(DNと同じ位置)。



○CU-71E-G1形

ここから外観が大幅に変わります。


主に2000形・1500形更新車に搭載されているもの。個人的にはこれがいちばん分厚いようなイメージを持っています。

CU-71E-G1
(山側から)

品川寄り(左)の天面に点検蓋が見えます。


CU-71E-G1
(浦賀寄り海側から)

CU-71E-G1
(品川寄り海側から)

海側の側面にも点検蓋があります。



EGにもDNと同じように省略表記があって…

EG省略表記

山側側面に「EG」と書かれています。


中央には「●」のマークもありますが、これはDNと同じように機器更新済みを表すのかどうかは分かっていません…。


ちなみに「EG」は山側のみですが、「●」マークは海側の同じ位置にもあります。



「EG」、「●」の有無は個体によってまちまちで、編成によってはその組み合わせが特徴的なものもあります。


今回の一覧表にその有無を記入しておきましたので、特定編成を模型化する場合はどうぞ参考に。



○CU-71F形

600形専用のクーラー。600形の少し高い屋根に対応するためか、薄いのが特徴です。

CU-71F
(山側から)

ここには写っていませんが、海側側面に点検蓋はありません。


「F」のような省略表記は見たことがありませんが、「●」マークは1機だけ見たことがあります。(EGと同じ位置)

<補足>ネット等で以前の写真を見ると、「●」のついた個体はたくさんあったようで、更新工事の際に「●」のない新品に交換されたようです。



○CU-71F-G1形

CU-71F-G1
(山側から)

手前がFG。奥のEGと比べるとやや薄いです。


さらに、線路方向にも若干短いんじゃないかというのが個人的見解。


CU-71F-G1
(海側から)

EGのように、海側側面に点検蓋があります。


省略表示は「FG」。


最近になって、一部に下のような薄緑色の「」がつけられたものが現れました。

8205海側

黒色と何か違う意味を持つんでしょうか…


現状、FGでのみ確認しています。



○CU-71G形

今までのものとは全く異なる、2100形専用のもの。

CU-71G
(山側から)

まともに撮ったことがなく、こんな写真しかありませんでしたorz


省略表記はありませんが、「●」マークがある個体は多いです。


海側も山側と同じく、側面の長短ルーバーの真ん中に貼ってあります。



○CU-71H形

新1000形専用。

CU-71H
(品川寄りから)

これはアルミ車のもの。


CU-71H
(海側から)

ステンレス車のものは若干の違いがあるようです。



省略表記はなく、「●」は基本的にGと同じ位置に貼り付けます。

CU-71H
(海側から)


基本的に、と言ったのは下画像のような例外があるからで…

CU-71H
(山側から)

普通なら ≡≡≡≡≡≡  ●  ≡≡ のようにルーバーに挟まれた位置にあるのですが、この個体はそこを飛び出して別のところにあります。1009編成のうち4両のみで確認しています。

<追加>

この記事を書いた後、新たに気づいたことがあるので追加します。


CU-71Hには、以下の画像のように外観に4種類のバリエーションがあるようです<2012/08/31追記>CU-71Hのバリエーションは3種類であることを確認しました。


CU-71H
↑側面ルーバーが3群あるタイプ。アルミ若番車に多いです。

CU-71H
↑側面ルーバーがCU-71Gのようなタイプ。現状1405編成のみで確認。これはCU-71Gそのものであることを確認しました。詳細はこちらをご覧ください→http://khk1000.blog136.fc2.com/blog-entry-305.html

CU-71H
↑側面ルーバーが2群のタイプ。アルミIGBT車に多いです。

CU-71H
↑側面ルーバーが2段になったタイプ。ステンレス車専用?


ここでは上から順番に、1,2,3,4と番号を振ることにします。2としていたものはCU-71Gであったので、それを除いて1,2,3と番号を振り直しました。一覧表にも反映しています。


しかし模型での再現は難しそうですね…。富士川車輌工業さんインレタ作ってくれませんかね?(笑)





○RPU-11006形

さてここからは東芝製のクーラーです。(今までのは三菱製)


DNより一足先に消滅してしまったのがこのRPU-11006。DNよりもカーブがきつく、そのぶん側面高さが低いのが特徴。ルーバーが1列しかないのもDNとの違いです。

RPU-11006
(山側から)

DNでは上面山側と海側側面にあった点検蓋ですが、これは上面の海山両側に一つずつついています。


省略表記は「R6」、「●」はありません。



CU-71E-R6形RPU-11016形

これは三菱製のようですが、見た目が上のR6に似ていますよね…。
<2015/2/21追記>
鉄道ピクトリアル2006年1月号(No.770)p.120によると、このクーラーは東芝製の「RPU11016」という形式であるとのことです。お詫びして訂正します。


CU-71E-R6
(山側から)

個人的には、R6のキセを手直しの上で流用し、中身を三菱製のものに取り替えてあるんじゃないかな、と思ったりしているのですが、真相はどうなんでしょう。
<2015/2/21追記>
同じく鉄ピク2006/1(No.770)によればRPU11006よりも長手方向に若干大きいとのこと。キセは流用ではなく完全な新造のようです。


IMG_6341.jpg
(品川寄りから)

見づらい写真で申し訳ないのですが、かろうじて点検蓋が2つあるのが確認できますでしょうか。
<2015/2/21追記>
見やすい写真に差し替えました。



省略表記も●もついていません。


<2012/12/20追記>
検査から出場した1625編成のうちの1625・1626・1905号車にて、山側品川寄りと海側浦賀寄りの側面上隅に●がついた個体を確認しました。


<2015/2/21追記>
その後●がキセ中央についた個体も見られるようになりました。下の写真を参照。


IMG_6268.jpg



○RPU-11009形

600形専用のクーラー。CU-71Fと平行して採用されました。

RPU-11009
(山側から)

側面にリブがないのがCU-71Fと大きく違うところですね。


RPU-11009
(浦賀寄りから)

八角形のファンなど、独特な見た目です。


省略表記も●もありません。●のある個体も存在するとのご指摘をいただきました。現在使われているものに関しては調査が完了し、一覧表に記入してあります。



○RPU-11027形

この前の九里工フェスタで形式名が判明したRPU-11027。角ばっています。

RPU-11027
(山側から)

600形4次車の一部に採用されているもので、RPU-11009の後継機種なのかなーと考えたり。


RPU-11027
(浦賀寄りから)

上から見ると、独特なファンの形状が目立ちます。



○RPU-2209D形

最後に、800形の分散式冷房機。

RPU-2209D
(品川寄りから)

このキセはCU-123のもので、中身だけ現行のものに取り替えて使っているようです。


本体

ちなみにこれが中身。九里工にて。







以上が現在使われている(+少し前まで使われていた)クーラーです。


それでは一覧表を。


京急車搭載冷房機一覧(Excelファイル) (最終更新:2012/12/20 勝手ながら諸事情によりこれ以降の更新を中止とさせていただきました。ご了承願います。)


一部未調査のところがありますが、判明し次第書き加えます。

載せ変えが確認された場合も同様です。


また、見間違い・書き間違いがある可能性もありますので、お気づきの点はコメントでお知らせください。








………デトに使われているスポットエアコンはさすがに書かなくていいですよね?(笑)


では今日はこのへんで。
スポンサーサイト

京急800形優先席増設状況・優先席ステッカー貼り付け状況

こんばんは。


この前のコンプレッサー交換状況に引き続いて、現在(2012年2~3月)の優先席の増設状況を調査してきました。


とは言っても元々個人的な"模型用"資料として調査したので車体外に貼られている優先席ステッカーの貼り付け状況がメインです。




調査方法は至ってシンプルで、「すべての編成を、1両ずつ両サイドから目視で確認する」というものです。


地道に調べていくので結構時間がかかりました…




また、ここ1ヶ月くらいの調査なので、既に廃車されている801、803編成は調査対象に含まれていません。(ただし過去の写真から判断することができたので一応最後に記述しておきます。)








まず、優先席増設について簡単に説明しておきます。



京急では昭和50年に優先席が設定されてから、全ての車両に共通して、奇数号車は品川寄り山側、偶数号車は浦賀寄り海側、というように優先席を交互に配置していました。(下図の「増設前」)



増設は、それまで優先席の向かいにあった一般の座席を優先席にするもので、それによって優先席は2倍に増えています。(下図の「増設後」)

図
(クリックすると、画像単体で表示されます)


優先席横のドアの脇にはその存在を示すステッカーが貼られていて、基本的には優先席増設とともにステッカーも増設されています。


↓優先席が増設されていないのでステッカーは1枚

816-6-816-5 優先席未増設


↓増設されるとステッカーも増やされる

805-3-806-1 優先席増設済み




増設した時期に関しては、今となっては調べようがないのでどうしようもないのですが、一応Wikipediaには以下の記述がありました。

優先席は奇数号車品川方山側および偶数号車浦賀方海側に設置されていたが、一部の編成では既存のものと点対称位置のシートも優先席とされた。

全車白地幕とした時に優先席を増設した編成(2008年11月現在)811・812・813・817・818・820・821・822の各編成



これを信用するとすれば、方向幕交換の際に増設した編成と、そのときには増設せずに後の検査などの機会に増設した編成がいる、ということになると思われます。


Wikiにあるのは2008年11月時点での情報ですが、それ以降に白幕化された824・827の各編成は白幕化のタイミングで増設されたとみてよいかと。


それ以外の編成はその後の検査の際に増設されたのでしょう。

そもそもWikiが間違っている可能性もありますが…







ちなみに、どうして全車両を地道に調べる必要があるかというと…


以前は、編成ごとに優先席を増設したら車体外側のステッカーも併せて増やすものだと思っていたのです。825編成を見るまでは……


ある日何となく「かけやま写真館」さんを見ていたら、825編成が載っていたのでステッカーを確認してみたところ、なんと不規則に並んでいるではないですか!


それまでは編成中の一箇所を確認して終わりだったのですが、そんな編成がいるとなると1両ずつ確認しなければならん、ということで地道に調査してきたわけなのです。









それでは、各編成の状況を。あえてステッカー主体で書いたのは、模型的には外観の方が気になるからですw




実際にはほとんどの編成においてステッカーが増設されているので、ステッカー増設済み編成は以下に列挙しておきます。


<ステッカー増設済み>

増設済み

805、807、811、812、813、814、815、817、818、819、820、821、822、823、824、826、827の各編成


これらの編成はすべて優先席自体も増設されています。





次に、ステッカーが増設されていない、または変則的なものが以下の編成です。


<ステッカー未増設>

未増設

816編成


優先席が増設されていない昔ながら(?)の状態を保っている編成は現在816編成のみとなっています。



816編成は2012/5の検査の際に増設され、これで未増設編成は消滅となりました。



<変則的パターン>

変則的パターン

809編成、825編成


なぜかは分かりませんが、809編成は浦賀寄り3両(809-1、809-2、809-3)が、825編成は品川寄り3両(825-4、825-5、825-6)がそれぞれステッカー未増設となっています。



車内の優先席自体は既に増設されており、貼り忘れなのでしょうか。詳細は不明です。






最後に、801、803編成について。


過去に撮影した写真(2010年)を元に判断すると、その時点で両編成ともステッカーは増設されていたようです。






以上で優先席・優先席ステッカー増設状況まとめは終わりです。模型製作の参考にどうぞご活用ください。


今度は、コンプレッサー・優先席ステッカー以外の編成ごとの細かい差異を、私の知る限りまとめてみたいと思います。乞うご期待。

京急800形コンプレッサー交換状況

こんばんは。



800形のコンプレッサー交換状況をやっと調べ終わったのでアップします。



調査期間は2012年1~2月です。そのため801、803編成は把握できていません。

(今後、交換された場合は随時追加していく予定です。)



また、寝ぼけていたりして見間違えていることがあるかもしれませんのでその点はご了承ください。

(もし間違いがあればコメントでご指摘願います。)




では早速。


製造時に搭載されていたのがこのC-1000M形というCPです。かなりうるさいことで有名ですね(笑)

806-3



そしてこれが最終増備車およびCP交換後に搭載されているC-1000L形です。2000形と同じものです。

821-6

これを撮ったのが交換直後だったのか、やけに綺麗です。




いちいちC-1000MだのC-1000Lだの書くのは面倒なので、これ以降はM、Lと省略して書きます。




斜字はもとからL搭載


805-3 M   806-3 M

807-3 M   808-3 M

809-3 M   810-3 M

811-3    811-6 M

812-3    812-6 M

813-3 M   813-6 L

814-3 M   814-6 L

815-3 M   815-6 L

816-3 M   816-6 L

817-3 M   817-6 L

818-3 M   818-6 M→L(2012/9/4確認)

819-3 M   819-6 L

820-3 M   820-6 M→L(2012/2末確認)

821-3 M   821-6 L

822-3 M   822-6 M→L(2012/8)

823-3 M   823-6 M→L(2012/10/5確認)

824-3 M   824-6 M→L(2012/6/20確認)

825-3    825-6 M

826-3    826-6 

827-3    827-6 




いづれどこかから製品が出るでしょうから(GM?マイクロ?はたまたKATO???)、こういう編成ごとの差にこだわるのも面白いと思います。



では~。





京急800形については、関連記事「京急800形優先席増設状況・優先席ステッカー貼り付け状況」もどうぞ。

ことでん1070形

ことでん1070形の床下機器などの資料です。



1070形




ちなみに、写真はすべてクリックすると拡大します



○車体側面


・琴平方車両(奇数車)
1071号側面・屋根上機器配置


・築港方車両(偶数車)
1072号側面・屋根上機器配置

クーラー等の位置関係や、サボ受けが撤去されている様子がわかります。




○床下機器


※注意
1200形・1100形のときにも書きましたが、車体の左右をどのように呼べばいいのかわからないので、ここでは高松築港駅基準で玉藻城やお堀がある方(東側)を堀側、道路のある方(西側)を道側と呼ぶことにします。

どなたか正しい呼び方をコメントしていただけると助かります。




○琴平方車両(奇数車)

・堀側(1071号のもの)

1071号堀側



・道側(1073号のもの)

1073号道側



○築港方車両(偶数車)

・堀側(1074号のもの)

1074号堀側



・道側(1074号のもの)

1074号道側




ご意見・ご要望はコメントでお願いします。

京急1000形床下機器など

京急1000形の側面写真です。


主に床下が見やすいように明るくしてあります。


編成は1345編成、全車とも海側山側の写真があります。


写真は全てクリックすると拡大します。



まずは海側から。


抵抗器の配置が1345・1347と1295で異なっているのが特徴ですね。


・1345
1345海側

・1346
1346海側

・1295
1295海側

・1296
1296海側

・1347
1347海側

・1348
1348海側



次に、山側です。


1345と1295・1347で機器が若干異なる他、クーラーの表記にも注目してみてください。


・1345
1345山側

・1346
1346山側

・1295
1295山側

・1296
1296山側

・1347
1347山側

・1348
1348山側


障害物で見づらい点はご容赦くださいm(_)m


いずれの写真も2010/04/29撮影
プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。