スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“THタイプ”を“TH-2100BM”に

こんばんは。


昨日の夜に更新するはずだったのですが、冷房に当たっていたせいか風邪を引いてしまいまして。


一日寝ていたら治ってきたので、ベッドにPCを持ち込んで更新していますw





今回紹介するのはタイトルの通り台車についてなのですが、加工しているものが新1000形なのでカテゴリは新1000 3~5次車にしておきます。


また、TH-2100BM(新1000形3次車以降のM台車)と銘打ってはいますが、近似形状のTH-2100M・T(2100形用)、TH-2100AM・T(新1000形1・2次車用)にも応用できると思います。







では、まず実物の台車をご覧ください。

Image582.jpg

(画像はステンレス車ですが、ボルスタアンカの車体側が折れ曲がっていること以外に3~5次車のものと違いはありません)



次にGMの“THタイプ”という台車をご覧ください。(画像左)

IMG_2964.jpg

(以前の画像を流用しているので右に多少手を加えたものも映っていますが…)


このTHタイプという台車は形態的には1500形のTH-1500Mに似ています。この台車がGM完成品の2100形・新1000形にも使用されているわけですが、実物と比較すると多少異なった印象なんですね。



そこで、以前の記事よりももっと踏み込んで加工してみようというのが今回の趣旨です。


上にリンクを貼った記事ではブレーキシリンダーと踏面清掃装置の撤去をしましたが、今回は主にボルスタアンカまわりを加工します。THタイプのボルスタアンカはちょっと貧相なので、その改良も兼ねています。



まずは実物のボルスタアンカの画像からトレースして、この画像を作りました。

ボルスタアンカ



これを、サイズを調整して厚紙に印刷します。厚紙は自宅にあった適当なものを使用。

IMG_6140.jpg

ちなみに無数にある黒い正方形はサイズ調整に使っただけなので関係ありません。



そしてこれを地道に切り出していきます。

IMG_6145.jpg


大きい方は3枚、小さい方は2枚重ねてボンドで貼り合わせたあと、瞬着を染み込ませて強度を出します。


それを大きい方は直接、小さい方は0.5㎜プラ棒を介して接着します。


接着したものがこちら。

IMG_6146.jpg

頼もしいボルスタアンカになったと思います。



ボルスタアンカ未加工のものと比較してみてください。

IMG_6147.jpg

断然印象が良くなったでしょう?


ちなみに、台車枠の下にある水平の棒(名称がわからない…)の中央部分を切断しておきました。




THタイプにもポテンシャルは十分ありますから、これだけ加工すれば相当見栄えがよくなります。


やる気のある方のために、印刷に使った画像データをアップしておきますのでチャレンジしてみてください。

http://ltdexp81sh.web.fc2.com/TH-2100_bolster_anchor.jpg (JPGファイル・860KB)

※リンク先へ飛べない場合は、上記のアドレスをアドレスバーにコピペしてジャンプしてください。

※A4の厚紙に印刷して使用してください。





ただ、数が多くてサイズも小さいために、時間と気力が必要になります。


実際、私も完成させたのはまだ1.5両分です(笑)



切り出して重ね合わせるのが本当に修行なんですよね。どこかのガレージメーカーさんからパーツが出たりしないかしら…






最後に、作り分けのヒントにTH-2100MとTH-2100AMの画像をアップしておきます。

・TH-2100M(2100形用)
IMG_2916.jpg

・TH-2100AM(新1000形1・2次車用)
Image570.jpg

この2種類はオイルダンパ取り付け台座などTH-2100BMと微妙に違いますが、どこまで再現できますかね?







~~~~~~~


次回の更新ですが、このままいくと床下機器についてになりそうです。


Twitterでも使用した画像ですが、マイクロ1000形向けの床下機器の量産に着手しました。

IMG_0684.jpg
IMG_0685.jpg

とは言っても、いつ記事を書けるレベルにまで加工が進むか分からないので、もしかすると別の話題を挟むことになるかもしれませんね(笑)
スポンサーサイト

GM新1000形を3~5次車に改造してみる(4)

今日は時間があるので更新しちゃいます。



結構溜め込んでいたので画像多めで行きますよ~。





まず、特にこの新1000形では顕著な、GM製品の特徴()たる「凹部分に印刷が回っていない」という問題を解決したいと思います。


筆で塗るのでボディを一旦バラします。

解体ー


以前の画像を流用しますが、このようにドア周辺には印刷が回っていないのです。

ドア周り


この部分にGM21番小田急アイボリー(現・アイボリーA)を筆塗り。



中古品ゆえのキズもありますが、そこにはGM29番京急バーミリオン(現・バーミリオンA)でタッチアップしておきます。


ドアの淵などに色差し

分かりづらいですね(^^;



ドアの淵まで白くなりました

こんな感じです。



ワイパーカバー上面を黒く

ワイパーカバー上面には黒で色差し。これだけで前面が引き締まります。



本来ならば側面窓の断面も色差しした方がいいのですが、このときは時間が無かったので出来ませんでした。


やるとしたら新1000の場合は黒がいいんじゃないかと思うのですがどうでしょうか?




屋根上の色差しを忘れていたorz


ドアの淵だけで満足していたら屋根上の配管色差しやクーラーのスミ入れを忘れていましたw


まあいつかやります。いつか。





これで色差しの話は終わり。確か1ヶ月以上前の話ですwww






~~~~~~~



このブログでは最近やたらと「床下」がアツいですが、今回も書きますwww



GM製品では、Tps(7号車・サハ)が動力車の設定ですが、編成中でのバランスが悪いのと、↓の一体型床下パーツが気に入らないので、M1s(5号車・デハ)と床板ごと交換することにしました。。

この一体型床下パーツは嫌なので…

一体型パーツはお役御免。


このTpsには新しく買ってきた左右分割式のトレーラー用「Tp」を使っています。







では本格的に床下機器の並べ替えをしていきます。


今回並べ替えるに当たって、ネット上にあったものも参考にさせていただきました。



ニコ動から製作動画。



この動画を参考にしつつ、自己流で作った部分もあります。


ちなみにこの方は床下に関してかなりディープな加工をされていて、いつも参考にさせていただいています。→http://kojicstage.en-grey.com/





そして、かけやま写真館さんの長編成サイドビュー「東日本私鉄」の中の「京急新1000形(山側)」。


これがあったおかげで自己調査は海側だけで済みました。






主に買い足したパーツは以下の3つ。

主に買い足した床下パーツ


左上の「Tp」はエアタンク確保用、右上の「Muc」は増加した2両のM車の分、下の「4083B」はトラクションコンテナ製作用です。


それぞれ、Tpは6枚、Mucは2枚、4083Bは6枚必要です。かなりの部分は余りますのでストック箱行きですね。







まず、M車にはすべて搭載されているトラクションコンテナから。


山側は、動画にならってGTO車のトラクションコンテナの一部を使用しています。

トラクションコンテナからトラクションコンテナを作る

↑一部を切り取って使用。


少し横幅が広いですが、まあ妥協ですかね。


この箱を何かで代用できれば、「Muc」を2枚用意する必要はありません。(製作過程で余るパーツでM2u、M2sは作れるため)




切り取った断面には穴が開いてしまうので、プラ板で埋めておきます。

凹みはプラ板で埋める




次にトラクションコンテナの海側ですが、こちらも独特な網目の部分は動画にならって4083Bから取ってきます。

網の部分を切り出し

網目の部分だけを切り出します。




海山両側とも素材が揃ったので、山側の部分をベースに、プラ板で箱形に組みます。

プラ板で箱を組みました


というのも、実際にはトラクションコンテナは“箱”なので、それを再現してみたかったのです。

“箱”感を再現しようとしたのですが…


こんな感じで。



しかーし、海側に網目のパーツを取り付けてみると…

バランスが悪い…


バランスが悪い。


ちなみに実物はこんな感じ。

実車


網目パーツが短く、かつベースとなる山側のパーツが長いためにアンバランスになってしまいました…



これではかっこ悪いので、箱の表現は諦めて海側だけのベースを作り直しました…

結局分割しました…


結構大きさが違うorz

こうして見ると、結構違うもんですね。




GMさん、2100機器更新車を作ったんだから、新1000IGBT車も作りませんか?(笑)


もちろん、海側と山側の長さを揃えて。そしたらバルクで買って自分でプラ板でくっつけて今回叶わなかった「箱」を再現しますんで(笑)








次に、トラクションコンテナの隣に設置されているフィルタリアクトルを作ります。


先の動画では省略されていたので、完全に自己流で作りました。



用意するのは銀1000東洋車用のフィルタリアクトル。4114B3に入っています。


フィルタリアクトル

この背後に5mmプラ角棒を5mmに切断したもの(要は5mm×5mm×5mm)を接着。下の隅はパーツに合わせて斜めに削り落としておきます。



表面のモールドは異なるので、思い切って削ってしまいます。

モールドは削り取る

実際にもそれほど凹凸があるわけでもないので、これで妥協しました。


プラ板の傘(?)を設置

プラ棒で伸ばした側には傘(?)がついていないので、プラ板で適当に設置しておきました。



ちなみに、これが実際のフィルタリアクトル。慌てて携帯で撮ったので画質はアレですが…

フィルタリアクトル

ね、凹凸ないでしょ?



これをトラクションコンテナの隣に設置します。

フィルタリアクトル設置

立体的な床下になりました。







お次はM2u、M1u、M1s、M2sの山側品川寄りにあるエアタンク。


実際のエアタンク
(これは同じ配置の2100形)


このように2つ隣り合っていて、かつ高さ・奥行きが異なるというそれなりに特徴的なものです。



右のエアタンクは少し上にあるので、まずは台座から切り取ります。

エアタンクを台座から切り取る


また少し奥まらせるために、裏側を切り欠きます。

裏側を切り欠く



床板側には、あらかじめ0.3mmプラ板を1枚敷いておきます。

プラ板を1枚介して


そこへずらしてエアタンクを設置。

2本ずらして設置

これでそれっぽくなったと思います。



エアタンクといえば、各車両浦賀寄りの奥の方にも長短2本のエアタンクが並んでいるのですが、今のところ省略しています。でも結構見えるし……そのうち追加するかもw







また全M車に共通して、海側の一番浦賀寄りにある機器が長すぎるので、T車のものを参考に少し短くしておきます。

一番左の機器を短くする



M1系車(M1u、M1s)の海側、右から3個目の機器は小さめなので、フィルタリアクトルのときに使った4114B3から箱を持ってきました。

M1系海側には銀1000東洋の機器を使用

下辺を少し削るとちょうどいいです。









これでだいたいの工程は網羅したので、各車両の両側面を貼っておきます。

(※すべて拡大できます)


・Muc

海側
Muc海側
インバーター装置が変わった以外に変更はありません。

山側
Muc山側
ちなみに全車両ともに、床下機器取り付けスペースをはみ出し、台車近くまで機器を寄せています。機器の間隔の適正化ですね。




・Tpu

海側
Tpu海側
間隔適正化以外に変更なし。

山側
Tpu山側




・M2u

海側
M2u海側
1・2次車ではサハだった3号車。そのせいか(?)やけに軽そうです。Mucからいくつかの機器を間引いた形です。

山側
M2u山側
2つのエアタンクが目立ちます。




・M1u

海側
M1u海側
こちらもMucをベースに足したり引いたりした格好。

山側
M1u山側
一番左の小箱はこのM1uのみの装備のようです。海側で切り取った小箱を流用。




・M1s

海側
M1s海側(※イメージ)
M1uと同一。

山側
M1s山側(※イメージ)
小箱の有無以外、M1uと同一。



ちなみに、この画像はM2uの画像を加工したイメージです。なぜならば…

M1sに移設した動力

7号車から移設した動力のせいで、機器を塗装後に取り付けなくてはいけないからです。


機器の裏側を削る

準備として、機器の裏側をダイキャストに合わせて削っておきます。





・M2s

海側
M2s海側
M2uと同一。

山側
M2s山側
M2uと同一。



・Tps

海側
Tps海側
Tpuと同一。

山側
Tps山側
Tpuと同一。



・Msc

海側
Msc海側
Mucと同一。ごちゃごちゃした感じが好きです。

山側
Msc山側
Mucと同一。






最後に、台車に関して。


GM製品(新1000・2100・銀1000)全般に言えることですが、これらが履いている「THタイプ」という台車は(確か)2000形用に作られた台車(だったはず)で、余分なモールドがあります。

左:加工前 右:加工後

左が加工前、右が加工後。ブレーキシリンダーと踏面清掃装置を全車ともに撤去します。(上の画像ではところどころ加工していないものがありますが…)


一気に新1000らしい台車に見えるようになりました。








さて、ここまでいじってきた床下関係をすべて塗装しなきゃいけませんね。



………エアブラシ買ったら自家調色して塗ることにします。





では今日はこれで。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

GM新1000形を3~5次車に改造してみる(3)

またまた間があいてしまいました。あまり模型をいじる時間がとれないもので…





新1000前面の黒いフィルムについて、まだやります(笑)


前回は方向幕ステッカーをマスキングテープ代わりにして塗装で仕上げましたが、今回はもう少し楽な方法を試してみます。



それがこちら。

新1000前面黒フィルム・シール原画

模型を撮ったものを元に絵にしてみたものですが、これを透明なラベル用紙に印刷して手間を掛けずかつ均一に作ろう、という魂胆です。

↑クリックで拡大できます。やりたいという方はどうぞお持ち帰りください。



印刷してみました。

自作シール

裏がシールになっているラベル用紙を使います。


黒い部分の横幅が17mm程度になるようにサイズを調整し、左右を反転。これを裏から貼るのです。




早速切り出して貼り付けてみました。

塗装版とシール貼り付け版の比較

左が前回の塗装版、右が今回のシール版です。


ちょっと位置がズレてますね(^^;




ガラスだけ。

塗装版とシール貼り付け版の比較


拡大していただけるとわかりやすいかと思いますが、圧着が足りていないのでところどころ空気が入っているというか、完全に貼り付いていないのがわかります。


というのも、印刷面を擦って圧着させる形になるため、あまり強く擦ると印刷が剥げる恐れがあるからで…





………なら印刷面を保護すればいいじゃないか!ということで適当なステッカーを用意。


S-1043 京急ステッカー×17枚


手元にはすでに17枚在庫しているこの京急1000形向けステッカーですが、下の方に余白がありますよね?


この余白部分を上から貼り付けることで印刷面を保護しようと考えたわけです。


ステッカーの余白を上から貼る

こういうことですね。



シール切り出し

切り出して…




貼ります

裏から貼り付けます。



シール貼り付け改良版・拡大

印刷面を保護したおかげで大胆に擦っても印刷が剥げる心配はなくなったので、先ほどのものよりも空気が残ることは減りました。



塗装版とシール貼り付け方法改良版の比較

ただ塗装したものと比べると、シール下辺の白い境界線や、ガラスのてっぺんの固定ツメを避ける切り欠きが気にはなりますね…


そこだけ黒く塗れば気にならなくなるか?





とりあえず、工程が簡単なことも考えて、シール式も悪くないということがわかりましたね。






<おまけ>

この黒フィルムを再現した状態で、ライトを点灯させてみました。



新1000形のライトユニットではどうしようもないくらい光量が少ないので、ある程度明るい600形に登場してもらいます。



まず塗装版。

塗装版



そしてシール版。

シール貼り付け版


それほど差はないような気がしますが、よく見ると気になる点が。


ライトの下辺に注目。



塗装版

塗装版・ライト拡大



シール版

シール版・ライト拡大


この部分は塗装版ではマスキングテープを剥がすときに欠けてしまったところです。ライトを点けると目立ちますね……


その点、シール版はプリンターで印刷するので仕上がりは優秀です。






机の蛍光灯を消してみました。

塗装版

塗装版


シール版

シール貼り付け版


さらに部屋の蛍光灯も消すと…


塗装版

塗装版


シール版

シール貼り付け版


シール版の隅からわずかに光が漏れていますね。塗装版ではこの部分も含めて一気に塗っているのでそのようなことは起きません。



というかそれ以前に尾灯まで光ってることの方が問題ですねw







どちらの方式を採用するかは、もう少し考えてから決めることにします。






<さらにおまけ>


非常に暗い新1000のライトユニットですが、少しでも明るくならないかとあがいてみました。



右半分のライトに注目。

右が反射用銀ステッカー貼り付け

右が反射用銀ステッカー貼り付け

右が反射用銀ステッカー貼り付け


いかがでしょうか?


もちろんLEDそのものが暗いので根本的な解決ではありませんが、多少は(ほんの少し)明るくなったと思います。




その方法は、「導光材の、光が屈折する面に銀のステッカーを貼る」です。


銀のステッカーというのは、古いGMステッカーのことで、裏が金属になっているタイプです。(通じますよね?)


まだ一部のエコノミーキットはこのタイプのステッカーで、GMストアーでも入手できます。




写真を撮り損ねましたが、ただ導光材の折れ曲がる部分にそのステッカーを貼り付けただけです。


まあ、参考程度に。一番手っ取り早いのはLEDを置き換えることですからねw







今回はここまで。


床下の加工も割と進んではいるのですが、全て揃ってからまとめて書くつもりなので、もうしばらく時間が掛かりそうです…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

GM新1000形を3~5次車に改造してみる(2)

5日ぶりの更新…?



割とパソコンはいじってたりするんですけど……なかなか模型を進める時間が少なくて記事のネタがないんですよね。






今回は新1000の話です。



新1000の前回の記事で書いた前面窓の黒フィルムですが、塗装での表現を試してみました。


マスキングの箇所が多いので面倒なのですが試作ということで。




まずガラスが車体についた状態で、透明で残したい行先・種別・列番の窓の位置を決めます。マスキングテープの細切りを貼って位置を確認。

行先・種別・列番の位置を決める



マスキングテープを剥がさずにガラスを車体から外して裏返し、製品に含まれる方向幕ステッカーを正確に切り出して貼り付けます。これをマスキングテープ代わりとすればサイズを測ってテープを切り出す手間が省けます。

ステッカーをマスキングテープ代わりに


ガラスを車体に戻します。

ステッカーが裏に貼り付いています

裏にステッカーが貼ってあるのがわかりますね。



次に前照灯の位置を決めます。手順は方向幕と同じ。

今度は前照灯の位置を決める


またガラスを取り外し、マスキングテープで前照灯部分を裏からマスクします。(さすがに前照灯サイズのシールは無いのでサイズをあわせたマスキングテープを使います。)

マスキング貼り付け完了

これはこれで前照灯に見える…w




透明で残したい部分はマスキングしておきます。

透明で残すところはマスキング



表面もマスキングして、仕上げにマスキングゾルを使って隙間の無いようにします。

マスキングゾルで隙間まで埋める



GM10番の黒を塗装。

塗装後



テープをはがすと……?



マスキングをはがした状態


テープをはがす時に一部欠けてしまいましたが、おおむね良好のようです。



装着!

装着

うーん

分かりづらい?


どうですかね?





え?わからない?



未加工車と比較してみます。

フィルム表現あり/なし比較

フィルム表現あり/なし比較

この角度で撮ると分かりやすいですね。


フィルムあり
フィルムなし


この違いを再現できたでしょうか?







ちなみに。


撮った写真を見てみると602編成にもフィルムがついている(?)ようなので、以前作ったもの(記念一番列車)を引っ張り出してみました。

新1000と600で比較

ガラスを交換してみます。

ガラスを交換してみた



交換前

新1000と600で比較

交換後

ガラスを交換してみた


この写真なんかが顕著ですが、結構印象が変わりますね。ある程度は効果がありそうです。





効果があるのはいいんですが、この方法は手間が掛かりすぎるのが欠点なんですよね…



ということで、他の方法も試してみることにします。







バルク


今日(というか昨日)、横浜に行って床下バルクをいろいろと買ってきたので床下弄りも再開できますね。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

GM新1000形を3~5次車に改造してみる(1)

こんばんは。


今日は学校が休みだったのでちょっと新1000を弄ってました。




前回1049編成に仕立てるとか言いましたが、あの発言は撤回させていただきますw



というのも、自分はフルカラーLEDの車両にしたいのですが、途中で幕式からLED式に変更された1049編成だと↓の車両と並べられないからなのです。


1351編成



この1351編成が快特運用から撤退したのが2008年11月(ただし8連貫通だったのは2008年夏頃まで)で、1049編成がLED化されたのが確か2009年の終わり頃だったので、1351編成とLED化後の1049編成は共存させられないのです。




なので新製時からLEDだった1057編成・1065編成の2択となるわけですが、ここであの運用記録を見てみると1065編成の方が多く遭遇しているようだったので1065編成に仕立てることにします。

1202D 1065



まあ床下機器等は全く同じなので加工点は特に変わらないのですが。






床下機器といえば、並べ替えを始めてみました。


並べ替え中



まだまだ足りないパーツがあるので詳細は全て揃ってから書くことにします。







あとですね、昔から思っていたことがあるのですが、



600形以降の丸顔車の中には前面上部(方向幕や前照灯のある部分)のガラス内に黒いフィルムのようなものが貼り付けられている車両がいるようなんです。




比較用に。

フィルムあり
フィルムあり

フィルムなし
フィルムなし



順光で見るとその違いが顕著です。印象がだいぶ変わりますよね?


ネットでこの違いについての記述を見たことがないのですが………みなさんは気にしないんでしょうか。。。




写真を振り返ってみると、新1000の新製時からLEDの車両には貼り付けられているようで、それ以外の車両もたまに貼り付けられていたりします。



こんな車両もいるみたいで↓


2157前面窓


どう見てもこれは右のガラスだけにフィルムが貼られていますよね。



たしか2157は以前、鳥に激突されてガラスを割っていましたね。ということは修理か何かの際にフィルムありのガラスに交換されることがあるってことでしょうか。









このフィルム、1065編成にはついているので再現してみようと、1500形や新600形タイプについてくる前面用ステッカー(裏から貼るタイプ)を試しに貼ってみたのですが、行先・種別・列番の位置関係が異なっていたため使い物になりませんでしたorz



たしかクロスポイントの2100・600ブルスカ用ステッカーのものが位置関係もちょうどよかったはずですが、既にGMストアーからは在庫が消えて久しい状況……



どうしたものか…



自作しかないか?

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。