スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陽3000系みたいなものを作ってみる(2)

前回の記事は3ヶ月前ですか。だいぶ間があいてしまってますね(汗


久々の山陽です。


もはやどこまで書いてあるのかなんて全く覚えていないwww



阪神通勤車から山陽3000を作る場合(というかあんまり他の手段は無いと思いますけど)、運転士側の乗務員扉周辺が異なっているので修正する必要があります。


簡単に言えば113系みたいになってる、といえば分かりやすいんでしょうか?


まず窓とドアの間を3ミリほど詰めます。

切断


乗務員扉の後ろはサッシ窓ではなく戸袋窓なので一旦適当なプラ板で埋めて…

窓を埋めて


四隅をピンバイスで開けます。たしか1.0ミリを使ったはず。

四隅をピンバイスで開孔

この後四隅を繋ぐように窓を仕上げます。

Hゴムは省略。だって面倒なんだもんw


乗務員扉の前には小窓があるので先ほど切り取った3ミリのやつを利用して再現します。

こんな感じ

以上をくっつけるとこんな感じ。





………ここまで書いてなんか足りないなーと思ったら乗務員扉の前を1ミリ切り詰めたのを忘れてました。


1枚目と2枚目の写真を見比べてみて乗務員扉の前の長さが変わってるのが分かりますかね?


これに対応するように反対側(車掌側)も1ミリくらい切り詰めておきます。




ここから写真を撮り忘れていたので文字だけになりますが、車端部の窓はリフレッシュ工事の際に1枚窓化されているので「田」の字のサッシを全部削り落としてしまいます。


車掌側の乗務員扉の後ろの窓も同様です、って言っても分かりにくいですよね。各自画像検索してみてくださいw

ちなみに1枚窓の枠は省略。だって面倒(ry



本来なら妻面の窓およびドアも変えるべきですが、あんまり見えないし目指すのは「3000系みたいなもの」なので省略しますwww




これでパーツは揃ったので箱組みします。


阪神と山陽では雨どいの位置が異なる(山陽の方が低い)ので、屋根は予め雨どいを削ってこのときに一緒に接着して側板との隙間はすべて瞬着で埋めておきます。


余分な瞬着はヤスって整えます(これが一番苦労したとこ)


雨どいはエバグリの0.25×0.5ミリのプラ棒を写真を見ながら接着しています。


どうでもいいですが、途中でプラ棒の在庫が切れたので一部0.3ミリプラ板を細く切り出したもので代用しています。



ここまで作業したのが下の写真。

いきなり飛んで組み立て後



切り継ぎの様子

切り継ぎの様子が分かると思います。やっぱりHゴムはあったほうが良かったかな…


1枚窓化された車端部

車端部の様子。ここも窓枠があったほうが(ry



まあこれでいいんですよ!

「みたいなもの」ですからね!




先頭車の雨どいの様子。

先頭部雨どい

もとのキットと雨どいの高さが違うのがよく分かります。




こちらは中間車。

中間車屋根

配管はクーラーが干渉する部分のみ削り落としてます。


あとはそのまま。前回も書いてますが手抜きです。



妻板はこんな感じ。

妻板の雨どい

雨どいはもともとモールドされていたものを最大限に生かしています。




ここまでで車体の加工は終わり。塗装に入ります。

西武アイボリーを塗装

まず西武アイボリーを吹きます。


あ、今はアイボリーBって言うんでしたっけ。



その後、西武レッド(レッドA)と黒で帯を塗装、屋根も灰色1号で塗ったのが下の写真。

塗装し終わった

チラッと写ってるPCのデスクトップは例のギラッな509Cです。なんだか501Dに列番変わったみたいですね。



これは先頭部。

先頭部側面

サッシは黒に塗ってます。


台車はストアー限定のTH700の両側のブレーキシューなどを取っ払ったものを使用。


上から眺めた図。

屋根上3両

改めて見ると右のパンタからクーラーに直接配管が繋がってるみたいで変ですねw


てかアンテナとランボード忘れてるしw



現状でここまでです。続きは次回。



<おまけ>

この山陽も入ってるTOMIXケースが気づいたら割れてたw


そのうちフタ外れるかもしれませんねwww

割れたw

これだけ。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

山陽3000系みたいなものを作ってみる(1)

こんばんは。


かなり唐突ですが、山陽3000系(みたいなもの)を作りたいと思います。

というのも、ある事情によってウチの部で山陽の須磨浦公園駅のモジュールを作ることになりまして、展示などもするので地面だけじゃ物足りないよなー、という(勝手な)判断で、そのモジュールに合う車輌を(個人的に)作ろう!となったんです。

そして、作りやすそうなものを調べてみると、山陽3000系にたどり着いたわけなんですね。


ベースは阪神通勤車で、おまけパーツの山陽3000前面を使って作ります。


ただ、阪神通勤車キットの在庫が無かったので、GMストアーで3両分のバルクをかき集めてきました。


まず、これがおまけパーツの前面。

前面

若干高運転台過ぎる気がしますが、まあ目指すのは山陽3000系(みたいなもの)なのでいいかなと(ぇ



側面

側面方向幕の位置が窓1つ分違うようなので、既存のモールドは削り落としておきました。


同時に車外スピーカも写真を見る限り1つなので余分なものを削ってあります。


あと、写真には映っていませんが、山陽には車端部に側灯は無いのでこれも削りました。




仮組みをしてパンタを載せて雰囲気を

仮組み

そんなに合いは悪くないです。


写真を見て分かる人もいるかもしれませんが、屋根上の配管は何もいじってません。


そしていじる気もありません。



手抜きですw


まあ目指すのは山陽3000(ryなのでねw



あ、でもさすがにクーラーが干渉するところは切り取りますよ。



クーラーといえば、山陽3000には集中式と分散式がありますが、今回は3両とも集中クーラーを搭載する編成にします。


なぜかというと……「CU-71S」という形式名に惹かれたからw


もちろん、京急のCU-71DNを流用しますw


まあ目指すのは山陽(ryなのでねw




というわけでこれは気楽に作ります。ただ8月中旬に間に合わないと意味が無いのでそこは意識してやっていこうかなと。

本当は今作りかけのやつは全部そのときに間に合わせたいんですけど………終わるかな?

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。