スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトの動力を更新してみた

みなさまこんばんは。


ちょいとレポートに追われていたら6月中に記事を書くことができなくて、ついに毎月最低1回以上更新のラインを割ってしまいました(


その代わり7月に2回以上更新すればいいよねw!!(なお7月末には期末試験が控えている模様







……うん、まあ、はい、ボチボチやっていきます(



さて。今回は過去作のデト11の動力装置の更新についてです。Twitterにはすでにうpしていますが、ここにもまとめとして書いておきます。

IMG_5862.jpg

これを作ったのはかれこれ4年前、RMM誌に掲載されていたキャラメルNを使ったキヤ97の作例に触発されて、1000形エコノミーキットと各種プラ板とプラ棒、それと当時のやる気と根性だけで作ってしまったんですね。


当時はキャラメルNを見て画期的な動力だ!と思って飛びついたのですが、1軸駆動でギアの精度も低く(重りのバランスが悪かったせいもあると思いますが)走行性能はすこぶる悪かったので、いつかどうにかしたいと思っていました。


そしていつだったか、ワールド工芸からクモル他に用いられる動力が「TU-14S」という名で分売されていることを知りまして、それをついに実装してみた、というわけです。



ちなみに、当初のキャラメルNは↓こんな感じに取り付けてありました。

IMG_5864.jpg

荷台と一体の床板に中心ピンとなるΦ2mmの丸プラ棒を立てて、キャラメルNにも同じくΦ2mmで開孔してそこを中心に回転するようにして、(写真には写っていませんが)上からM1.2(こんな規格の呼び方していいのかな…?)のネジでネジ止めしていました。


なお黄色い部分を床板に固定するのにはここでも同じネジを使用していて、戸袋窓のあたりにちょうどある穴の位置でネジ止めしていました。

IMG_5865.jpg

今回動力を置き換えるにあたって、この床板を適当なところで切断しまして…


IMG_5893.jpg

t0.5mmのプラ板でフレームを自作しました。中央にある大きな穴はTU-14Sの取り付け用、端にある小さな2つの穴は車体の固定用です。寸法はすべて現物を採寸して決めています。


IMG_5897.jpg

これを荷台の部分と接着。先ほど少し残しておいた床板をのりしろにしています。


IMG_5902.jpg

車体内部にあった梁はすべて撤去して、乗務員室のあたりに床板との固定用の梁を新しく作り直します。長さは台車に干渉しない程度。


IMG_5904.jpg

そして車体を床板に嵌め込みます。ノギスで寸法を取って作っただけに、きれいにすっぽり嵌りました。


IMG_5905.jpg

ちゃんと嵌ることを確認したら、床板と車体をネジ止めしてみます。ここにもM1.2のネジを使用。


IMG_5906.jpg

連結器には引き続きタヴァサのTN用カプラーポケットを使用します。


IMG_5907.jpg

そうして完成したのがこちら。動力がプラ板で自作したフレームにすっきり納まって、車高もばっちりです。ヤッタネ!!


IMG_5908.jpg

車体を被せるとこうなります。結構車内にスペースが余っているので、さらにオモリを追加したりといったこともできそうです。


このワールド工芸のTU-14S動力は2軸駆動でなおかつ組み立ての精度も高いので、小さいながらしっかり走ってくれます。この前の運転会が初めての本線走行でしたが、勾配もちゃんと登ってくれたので一安心。


これに気を良くして(あとはTwitterで最近話題に上がっているのもあって)、更新後のデトも作ろうかなーなんて思ったりもしています。
(作るなら車体裾の凹みやデッキの手すりも省略せず再現したいですネ)








今回はこれくらいで。

今週末はJNMAですな。初参加なのでどんなイベントなのかwktkしておりますw



それではノシ
スポンサーサイト

ことちゃんひやく号

こんばんは。


学年が一つ上がった途端に一気に課題の量が多くなりまして、次々と出される課題をヒイヒイ言いながら消化している今日この頃でございます。





さて。


たしか消費税率が上がる直前だったと思いますが、ネコパブリッシングからことでん1200形ことちゃんひやく号が発売されましたので、今回はその紹介をば。

IMG_0518.jpg


これから発売されるGM京急700形のフライング発売といった感じで、短編成GM完成品お約束のビデオケースに入っています。

hiyaku001.jpg


この製品の最大の特徴は何といっても華やかなラッピングが印刷で再現されていること!

hiyaku002.jpg

“ぞぞー”
hiyaku003.jpg

近くで見ると印刷の粗さが目立ってしまいますが、見た目の楽しさや自作で再現する場合の手間を考えれば、そのあたりは割り切って遊ぶほうが吉でしょうか。



そして驚いたことに、ことでんに譲渡される際に改造された箇所(非パンタ車のパンタまわりの配管撤去跡や、パンタ鍵外し線、誘導無線アンテナ配管の撤去跡)までモールドで再現されているのです。

hiyaku004.jpg

hiyaku005.jpg

hiyaku006.jpg

以前塗装済みキットで出た1300ではアンテナが無い屋根が再現されていましたが、それを大きく上回るこだわりを持って設計されているようです。


クーラーの表現もかなり力が入っていますし、製品の出来は結構良いと思います。








…が、買っただけで満足できないので、手を加えてみますw


せっかく彫りのいいクーラーなのでスミ入れをしたかったのですが、クーラー本体を塗装するのにちょうどいい色を持っていなかったので後回しにせざるを得ませんでした。



そこで、こんなことを試みてみました。

hiyaku007.jpg

まずはラッピングを傷つけないよう注意しながら前面に穴を開け…



hiyaku008.jpg

トレジャータウンの京急1000形手すりセットに含まれるジャンパ管のカバーを取り付け、ジャンパ管の台座として0.5㎜プラ板を切り出して接着。


hiyaku009.jpg

そこみ0.2㎜の真鍮線を曲げて差し込み、ジャンパ管の表現としました。


黄色を適当に調色して塗装するとこのようになりました。

hiyaku010.jpg

hiyaku011.jpg

いい具合にひょろひょろ感が出て良かったと思っています。


本当はケーブル部分がもっと前方に飛び出しているのですが、あまりやり過ぎるとTNカプラーが首を振らなくなってしまうので、多少控えめにしてあります。




hiyaku012.jpg

また、コストカットのためか妻面窓サッシの印刷が省略されているので、銀を差しておきました。

まあ、確かに色差ししてもしなくてもあまり目立たなかったのですが…





とりあえず、現時点で手を加えたのはここまでです。



あとはクーラーの塗装・スミ入れ、パンタ配管の色差し、床下機器の是正くらいはやっておきたいですね。いつになるかわかりませんが←



最近はあまり模型に時間を取れていないので、焦らずゆっくりとやっていきましょうかね。




ではまた。

マイクロ1000形→京急1000形【5】

こんばんは。


月に2回目の更新をするのは半年ぶりみたいですね。近頃の怠けっぷりがよくわかります(



さてさて、最近は1/80がマイブームとなっている感があるわけですが、多少のNゲージ加工もやっておりまして。


1/80では既に手を出している「パイピング」にNでもチャレンジしてみようということで、先日実践してみました。

(その1/80のパイピングはここには書いていないわけですが…どこかでいつか公開するはずです。)



今回は、富士川車輌工業の配管治具ステッカーを利用してパイピングをしたいと思います。

201403202302113e2.jpg

一応この製品はGMの一体ボディ用なのですが、多少の寸法差があるもののマイクロ1000にも使えそうでしたのでそのまま流用します。



まずはこのステッカーを切り出し、屋根に貼り付けます。

201403202301118e3.jpg


次にステッカーの指示通りに穴を開けます。

20140320230114635.jpg


そして配管の図の通りに真鍮線を曲げていきます。富士川車輌工業のサイトでは固定しながら曲げていくと解説されていましたが、屋根に固定された状態で真鍮線を曲げることに自信がなかったので、敢えて先に曲げてしまうことにしました。

201403202258210f7.jpg

ここで正確に曲げないと固定の際に調整が面倒なので、出来る限り図柄と同じになるように丁寧に曲げます。


いよいよこれから固定していくことになりますが、今回は割りピンではなくリード線を使用することにしました。

20140320225823aa5.jpg

上の写真は順次固定している途中の様子です。写真のようにリード線を輪っかにして生やして、そこに先ほど折り曲げておいた真鍮線を通し、リード線を裏から引っ張って締め付け、瞬着で固定します。ネットにいくつも上がっている作例を参考にして作業しました。


そうして全ての配管を固定し終えたのがこちら。

201403202258263cd.jpg

パンタやヒューズ箱に繋がる部分は、パンタ台やヒューズ箱の部品がないので、それらを買ってきて設置してから曲げることにします。


別角度から。

20140320225819961.jpg

パンタからヒューズ箱にかけて2段になっている部分もTwitterでの作例を参考に、リード線を8の字にして使うことで固定しています。


また、裏から出たリード線の足がボディ上面と干渉するので、当該する部分をくりぬいておきました。

2014032022582969b.jpg


その後、配管が車体に引き込まれる部分を屋根と車体との現物合わせで曲げて、車体側にもちょうどいい位置に穴を開け、屋根を車体に取り付けたときに配管がうまく嵌るようにしました。

20140320230314810.jpg

奥から2、3本目の配管の曲げが不自然になってしまいました。やはり屋根に固定された真鍮線をうまく曲げるのは難しいですね。


他にも、ドリルで穴を開ける精度が悪いせいで複数の配管の平行が出せていない箇所などもあり、今後の課題です。


1/80よりも細かいことに加え、初めから複雑な配管にチャレンジしたこともあって、必ずしも満足できるレベルには達しませんでしたが、回数を重ねることで上達…できたらいいな。





さて、実際の施工と順番は前後しますが、妻面の改造も行ったのでここでご紹介します。


京急1000形の妻面は折妻になっているわけですが、マイクロ1000はGMエコノミーキットと同じく、角のRが小さく後退角がきつい1131~1206のタイプで、後発のGM塗装済みキットと比較すると後退角の違いが目立つようになります。

2014032023031219d.jpg

今回作ろうとしているのはGM塗装済みと同じ集中冷房車なので、この後退角を浅くしなければいけません。


そこで、真鍮線とパテで後退角が浅くなる分を盛ってしまおうと試みました。


まずは0.4㎜の真鍮線を妻面の両端に接着します。

201403202303102cc.jpg

この真鍮線がミソで、パテを盛るガイドになるだけでなく、角のRも自動的に決まるので一石二鳥なのです。


ここに光硬化パテを盛り、真鍮線をガイドにペーパー掛けして平らにします。

201403202304502b9.jpg

パテよりも真鍮線のほうが固いので、比較的狙い通りに削れると思います。ただし真鍮線も削れないわけではないので、やりすぎにはご注意。


ついでに裾の切り欠きの幅も狭めておきます。光硬化パテの黄色が薄くなって見づらいですが、これで完成です。

2014032023011980e.jpg

…おっと、幌の取り付け足が嵌る切り欠きも埋めないといけませんでした。まだ完成ではありませんでしたね(汗


まあそれは後でやるとして(笑)、後退角修正の手順は以上です。


修正の効果は下の画像を拡大してご覧ください。

201403202301161af.jpg

GM塗装済みボディと比較すると雨樋の位置も違うようですが、そこまで揃えようとすると屋根を接着して隙間を埋めるというメンドクサイことになってしまうので、今回はそのままでいくことにします。








3月中は、1/80をやって、残り7箇所の妻面修正をして、サークルの仕事をして、1/80をやって、パンタ台座を取り付けて、サークルの仕事をして、1/80をやって……という日々になりそうです。


そろそろ4月以降の授業のことも考えなきゃいけないかな?


それでは今日はこれで。

マイクロ1000形→京急1000形【4】

あけましておめでとうございます。すっかり超まったり進行になってしまった当ブログですが、本年もどうぞお付き合いくださいm(__)m



と、いいつつ数日前に更新したばかりですが今日も更新するわけですがw


今日は久しぶりにちょっくらNゲージの加工をしたので、その結果をまとめておきます。


お題はマイクロ1000の床下機器で前回の続きです。
どうでもいいですが「まいくろ」を変換したら最初に「μ」が出てきてちょっと笑いました。レポートのせいだw



一つ目は主スイッチ。M1系山側品川寄りについています。

IMG_4729.jpg

ほぼ正方形に近い箱からケーブルが出ているのが特徴でしょうか。


これは名鉄1600用の4120Aの主スイッチがほぼドンピシャなのでそれを使用します。

IMG_4046_20140103232918bf6.jpg

切り出すときに左のケーブルを折ってしまいましたorz


接着するときにどうにか誤魔化しておきましょうか。




そして二つ目がこちら。


M1系山側浦賀寄りのこれ(写真右端)と、

IMG_4739.jpg


M2系海側浦賀寄りのこれ(写真右端)。

IMG_0681_20140103233009763.jpg

L C
FNC
SLR

と書かれているのがそうです。


『京急1000形半世紀の歩み』にはM1山側のものが電灯接触器(LC)、M2海側のものが継電器箱と書かれているのですが、どちらも同じもののようですので一括で扱います。(おそらく箱に書かれた略称の通り3つの役割をまとめて1つの箱に納めているのでしょうね)


模型では京急600用4189B-2の右端の箱の表面モールドを若干削り、箱の上辺をカットすることで再現してみました。

IMG_4043.jpg

右が加工前、左が加工後です。フィーリングで作業しましたが、割とそれらしくなったのではないでしょうか。




これら2つの機器を、今までに作った機器とあわせて仮に接着してみます。


これはM2系海側浦賀寄り。

IMG_4051.jpg

ブレーキ作用装置は形状が独特すぎて適当なパーツがなく結局自作になりそうなので、製品のままにしてあります。



そしてこれはM1系山側。

IMG_4049.jpg

まだ一部が歯抜け状態ですが、こちらはほぼ揃ってきました。


接地スイッチはブレーキ作用装置と同様の理由で製品のままです。



模型と下の実物写真を比べてみてください。

IMG_4745.jpg

カラーコーンが邪魔ですが、かなり実物の印象に近づいたのではないでしょうか。


(こうして見てみるとマイクロ1000の窓に違和感を覚えますが、やる気を削がれてはいけないので気にしないことにしますw)






それでは今日はこの辺で。


次の更新はいつになることやら…

京急新1000形エア急コンビ【1】

こんばんは。


前回の更新からそれほど間を空けずに更新するつもりだったんですが、もう2週間以上経ってしまったみたいで。


おそらく、大学の学祭で出す冊子の原稿を書くのに追われていたせいだと思うのですが、そんなに時間が経った感じがしないのが不思議です。





さて、突然ですが表題の通り、エア急でよく組成される1405+1445のペアを作ろうと思います。


なぜいきなりこんなことを始めるかというと、この2編成は以前の記事(http://khk1000.blog136.fc2.com/blog-entry-330.html)に書いてある車両を種車にして、主に床下機器の変更で作れてしまうんですね。近づきつつある学祭までにマイクロ1000形を完成させることは難しいので、気楽に作れるものを優先して作ってしまおうという魂胆なのです。



ということで、早速始めます。


シーメンスIGBTのVVVFはすでにこのカテゴリで作っているので1445はとりあえず放っておいて、今回は1405の特徴ともいえる東芝製VVVFを作ります。


◎海側
Image737.jpg

◎山側
Image567_201309272354413f2.jpg


特に山側は見づらく恐縮ですが、いままでの模型では見たことがないような形状であることが分かります。


製品にないのならば作ればいいだけの話ですので、さっさとやってしまいましょう。




まずは海側からいきます。


海側はベースとして新1000形についてくるトラクションコンテナを使うので、そのために一部を残して切除します。

IMG_1584.jpg


切除して空いたところに別の機器から取ってきたパーツを貼り付けていきます。


まず、汎用部品「新A」ランナーに含まれるおまけパーツの右端。

IMG_1587.jpg

手持ちの在庫の関係で成型色がグレーではありませんが、最後に塗装をするので問題ありません。


次にメトロ10000系用「4128C」の1番側に含まれる箱をベースから切り離しておきます。

IMG_1589.jpg

これも手持ちの在庫から選びました。(ちなみに4128Cに含まれる箱が京急車のMBS-R作用装置によく似ているので、京急ファンにはおすすめです)


そして東武50000系列用「4201B」のヒートシンクのみを切り出します。

IMG_1581.jpg

実物とは少し違いますが、とりあえずこれを使います。(後々良いパーツが見つかって交換することも考えられるので、このパーツだけはゴム系接着剤で取り付けることにしました)



これらを、足りない部分はプラ板で補いながら、先ほどのベースにとりつけたのがこちら。

IMG_1602_201309272353187c4.jpg

ニヤニヤ。なかなかいい感じにまとまったのではないでしょうか。




では山側も作ってしまいます。


海側でも使ったメトロ万系用「4128C」から、長い箱を天地を詰めて使います。

IMG_1595.jpg

(ちなみにこの左隣が海側で使った箱です)


これまた海側で使った東武50000系用「4201B」から、スリットがチャームポイントな箱をサイズを調整して使います。

IMG_1594.jpg

(ちなみにこの左隣が海側で使ったヒートシンクです)


最後の部品は手元にたくさんあった、名鉄5000用「4117A」の小箱を左右に分割します。

IMG_1592.jpg

(ちなみに4117Aは彫りが精密な大小のエアタンクがついているので重宝します)



で、海側同様不足分をプラ板で補いながらこれらを接合します。

IMG_1611.jpg

上の自前画像よりもネットに上がっている画像のほうが鮮明だったので(笑)、そちらも参考にしながら作りましたが、それらしくはなったと思います。






海側山側がそれぞれ揃いましたので、こんどはこの二つを繋げて実物同様一つの大きな箱にしてしましょう。


これもプラ板を使って繋げます。斜めからの眺め。

IMG_1608.jpg

これで見えない面は下の画像に写っていますが、山側の右端のように出っ張るところは適宜プラ板で張り出した箱を作ります。

IMG_1616_20130927235232c7e.jpg





これで東芝VVVFが完成したので、車体に艤装してみます。

IMG_3642.jpg

どうでしょうか。これでだいたいの特徴は掴めたはずです。



斜め下から。

IMG_3644.jpg

箱になっている様子や、ヒートシンクの立体感が伝わると思います。




あとは先頭・中間車の床下機器を一部弄れば1405編成は終わり……ではなくクーラーも載せ替えないといけないんでした。学祭までには走らせられるようにしたいと思います。



――――――――――――――――――――


最近、私がやたらと「学祭」と言うようになりましたが、少し宣伝をしておきます。



もうまもなく(n週間後)、私の大学で学祭が開催され、私の所属する鉄研も展示をします。


名前を書いてしまうと検索に引っかかる可能性もあるので控えますが、最新のRMM誌に私の模型がちょこっと載っているので、それを見て適当なワードでググれば日時も分かるはずです。

IMG_5620.jpg


上の方で言った原稿以外にも、16番のペーパー自作にもチャレンジしてみたり(きっと完成している…はずです)、さらには鉄研以外にも純粋に学祭として十分楽しめると思いますので、お近くの方はどうぞお越しください。

IMG_1649.jpg
プロフィール

81SH

Author:81SH
京急が好きな大学生。

模型作ってます。

初めての方は「このブログについて」もご覧ください。

twitterやってます。アカウントは @ltdexp_81SH

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。